いろんな生き方

大学生だった時、ディズニーランドのアルバイトに応募したことがありました。面接に行ってみると、そこには大勢の人たちが集められていて、小さな会社やお店でしかアルバイトをしたことがなかった私は、その規模の大きさに圧倒されました。そして、集まっている人たちの多様性にも驚きました。それまでのアルバイト先では、自分と似たような年齢、境遇、考え方の人としか会うことがなかったのですが、ディズニーランドは違いました。小遣い稼ぎをしたい大学生だけでなく、年齢、職業、動機、いろんなものがいろいろでした。

最近、八丈島でリゾートバイトをしていらっしゃる方々に会うと、ディズニーランドで感じたのと同じような驚きを感じます。
リゾートバイトと言えば、大学生が長期休暇の間にやるもんだと思っていました。あるいは会社を辞めた人が、次の仕事が見つかるまでの「つなぎ」でやったりだとか。
それが昨年から、そうじゃないんだ…と感じる機会が、どんどん増えてきているのです。
出身地は日本国内いたるところ、若い方だけでなく私と同じくらいの年齢の方もいらっしゃり、リゾートバイトだけで津々浦々転々と暮らしている方もいれば既婚者で家族を地元に残して出稼ぎに来ている方も。

今日、体験ダイビングを申し込まれた5人組。
書いて頂いた申込書を見てびっくり。全員の住所がバラバラなんです。山形、北海道、神奈川…。一体、皆さん、どういうお知り合いなんですか?と伺ったら、全員がアルバイトで八丈島に滞在中。意気投合して、休みが取れたら一緒に体験ダイビングをしよう!と考えていたのだそうです。 日本各地で働いて、そこで気の合う仲間ができて、そこでしかできない思い出を作って…、そしてまた別天地へ。なんだか、ものすごく素敵な人生ですね。

「今まで行ったことのある場所で、もう一度行くとしたら、どこが良い?」
この質問に「八丈島」って答えてもらえたら良いなあ。

また、たくさんのカメたちと、お出迎えしますよ~

※八丈島でお店をやりたいというダイバーはこちら

天 気    晴れ
風向き    北西 4~5
最高気温   12.2℃
最低気温   7.2℃
注意報/警報 強風・波浪・雷 注意報
水 温    18℃
服 装    5mmツーピース+フードベスト、ロクハン、ドライ


雪道を歩くコツ

少し前の週間天気予報、明日の八丈島は雪マークでした。
年に1~2回、八丈島でも雪が降ることがあります。お、いよいよ今年も降るのか!? と身構えていたら、雨の予報に変わってしまいました。

雪と言えば…
もうずいぶん前の話になりますが、底土の堤防の上をゲストと一緒に歩いていた時のこと。その頃、エントリー口までの道のりは、ノロ(付着藻類)が生えて、ぬるぬるでとても滑りやすくなっていました。私自身が滑って転びそうになりながら「滑りますから気を付けてください!」とゲストに言うと、その方は少し年上の女性の方だったのですが、「はい、はい」と言いながら先にスタスタと歩いていってしまいました。必死で追いつきながら「なんでそんなに早く歩けるんですか?」と聞いたら、「なんででしょうねぇ、普段雪道を歩いているから、滑りやすいところに慣れちゃってるのかしらねえ。」。北海道からいらっしゃった方でした。
逆に、底土の堤防を滑らずに歩くコツをつかめば、冬の北海道で苦労しないかもしれませんね。

さて、雪は降らないことになったものの、強風が吹き荒れる予報は変わらず、今夜の船も欠航が決まってしまいました。ダイビングポイントの海況も悪くなりそうなので、ゲストはいないけど、八重根に1本。

今日も冬の八丈島では見ることのないものを発見。

巨大なセダカギンポ。水温が高い年の夏の時期に限ってチビちゃんを見るのが楽しみだったのですが…こんなに大きく成長するとは。あまりにも大きくなりすぎてサンゴの隙間では暮らせなくなったらしく、大きな岩の隙間を隠れ家にしていました。体長15センチくらい、最初カサゴかと思いました。

幼魚も増えてきています。シロタスキベラ3匹だと思っていたのですが、ナメラベラも混じってるのかなあ? このサイズだと、肉眼では全然わかりません。一番左側の子は、まだお腹に「さいのう(栄養の入った袋)」が付いているのかな?

シロホシスズメは、幼魚ではなく若魚のステージ。去年の夏ごろに生まれたのでしょうか?

さて、ウミウシ強化部長の成果をみてみましょう。

一番下のウミウシ、目がまん丸で赤いんですよ。わかります?

※八丈島でお店をやりたいというダイバーはこちら

天 気    晴れ
風向き    西 3~4
最高気温   11.9℃
最低気温   8.0℃
注意報/警報 強風・雷 注意報
水 温    18℃
服 装    5mmツーピース+フードベスト、ロクハン、ドライ


美味しかったポチ

八重根でダイビングをしていて、いつの間にかハマフエフキにストーカーされていたこと、ありませんか? かなりしつこいストーカーぶりで、エントリー口からアーチまで往復約1時間、ずっとそばでうろうろされていたこともありました。その様子が、飼い主についてまわる子犬のように見えるので、ハマフエフキのことは、いつもポチと呼んでいます。ポチは、多い時には何匹も現れます。
マクロのフォト派のゲストには「気が散る…」と不評ですが、まだダイビングを始めて間もない方や、体験ダイビングのゲストは「あの大きな鯛みたいなサカナはなんですか!?」と大喜び。美味しいんでしょうね?と質問されるのですが、食べたことがないのでわかりませんでした。
しかし先日、ついにポチを食する機会がやってきました!
八丈島に移住して二十ウン年。一生食べることはないと思っていたのに。
珍しく、釣られちゃったんですねー。クロメジナ数匹と一緒におすそ分け頂戴しました。

切ってもらうと、中身も鯛そっくり。淡泊な白身で、味も似ていました。鯛よりもちょっと柔らかい感じ。少し漬けにして、ちらしずし~

今度からは、「美味しいんですよ~」と言いながら紹介できます。

最近はポチの姿を見かけない八重根に、今日も行ってきました。(見かけないのは食べちゃったせいではありません)
冬になって、とにかく八重根にばかり潜っているので、毎回「今日もまだいるかなあ?」とチェックするネタが増えたり減ったりしています。その中で、かなり長く見られているのが、1匹のクビアカハゼ。水温が徐々に下がってきているので、もうとっくの昔に引きこもっていても良いはずなのに…
毎回元気に巣穴から出て見張りに立っているだけでなく・・・なんと!

小さな相方が増えていました。
いやいや、、、先日のフリソデエビに続いて、おまえもか・・・
一体、この人たち、どうやって相方を見つけているのでしょうか。しかも自分より若いやつ。

相方を見つけることができないチビちゃんは、よその知らないおじさん? いや、スジベラのそばでちょこまかしていました。このおじさんは、悪い人(いやサカナ)じゃないから、きっと一緒に暮らしてても大丈夫。

そしてそして・・・こんな冬の時期に、まだ見られるだなんて~~とビックリなのが、マルちゃん。
今年はよっぽど水温が高いんだねえ。

そんなところで、今日のウミウシ強化部長。毎日、毎日、朝から晩までウミウシの写真を整理し、海の中でもウミウシばっかり見ています。
ウミウシ好きのあなた、今来なくて、どーするの?

2枚目のウミウシがわかったら、相当なマニアですね。
どお?

※八丈島でお店をやりたいというダイバーはこちら

天 気    晴れ
風向き    西 3~4
最高気温   13.8℃
最低気温   8.8℃
注意報/警報 -
水 温    18℃
服 装    5mmツーピース+フードベスト、ロクハン、ドライ


再婚してました

今の時代、そんなことがまだあるのかどうか知りませんが、私が30歳を超えようかという頃、親や親せきに会う機会がある毎に「そろそろ良い人はみつからないのか?」攻撃が激しさを増していました。家族ぐるみで付き合っていた私の友達が結婚する度に、母は嫉妬と羨望の入り混じった深い溜息をついていたものでした。そんな母にとって、私の友達や従兄が離婚した時の衝撃は大変なもので、おかげで私を結婚させようとするパワーは一気にダウン。もしも自分の娘が結婚して子供ができて、その後離婚して女手一つで子育てをして…という人生を歩むことになったら。。。と想像すると、専業主婦だった母には恐ろしくて、娘にむやみに結婚を勧めるのは間違いかも知れない、と思ったようです。別に私はそんなことを心配していたわけでも、独身主義だったわけでもなく、ただただ、ご縁がなかっただけなんですけど。仲の良いご夫婦のダイバーがいらっしゃると、普通に羨ましいです、はい。

海の中でも、いつもラブラブなペアでいる生き物がたくさんいます。
でも、たいていの場合、そのペアは本当にラブラブで添い遂げているのか、それともしょっちゅう相手が入れ替わっているのか、よくわかりません。
しかし、この2人は、明らかにいつも同じペアだったはずなのに、つい最近相手(多分、旦那)が変わりました。
最近ウミウシばかり見ていたので、ちょっとの間、ノーチェックでした。
死別したのでしょうか? それとも若い男を引き込んで、追い出したのでしょうか?

それにしても、大きさに差があり過ぎ。人間の世界に置き換えたら、ちょっと犯罪じゃないの?
前の旦那がどうなったのかも気になります。

他にも、久しぶりにウミウシ以外の被写体を探してみました。
数ヶ月間、失踪していたと思われたカエルアンコウが、元の場所に現れてびっくり。一回り大きくなっていました。

水温は下がりましたが、ベラの幼魚もちらほらと見られました。

春が待ち遠しいですね。

※八丈島でお店をやりたいというダイバーはこちら

天 気    晴れ
風向き    北西 3~4
最高気温   13.0℃
最低気温   8.6℃
注意報/警報 -
水 温    18℃
服 装    5mmツーピース+フードベスト、ロクハン、ドライ


第4回「八丈島みんなの写真展」開催のお知らせ

なんと今年で4回目となります、写真展の開催のお知らせでーす!
今年もたくさんの力作が揃いました。
展示してくださるのは、いつものFU-KUです。
ギャラリーではなく、毎晩大勢のダイバーで賑わう、沖縄のお酒と料理が楽しめるお店です。
是非、皆さん、足を運んでくださいね!

期間 3月1日~4月30日
場所 琉球酒房 菜酒家FU-KU (http://www.fu-ku.net/index.html)
   神奈川県川崎市高津区下作延2-4-10 琳和サニーコート1F
   TEL  044-861-1414

もちろん、オフ会も開催しますよ。写真展開催期間中に2回。興味のある方は早めにご連絡ください。定員に達し次第、受付を閉め切らせて頂きます。

オフ会 第1回 3月9日  18時~
    第2回 4月19日 19時~
会費  5000円 お任せコース料理 + 飲み放題

ところで現在、この写真展のポスターを制作中。そうです、昨日と一昨日の2日間、フジコちゃんをモデルにして撮りまくった写真で作っています。現時点で、候補作が3つ。皆さんは、どれが良いとおもいますか!?
文字のレイアウトは、適当に置いてみただけなので、どの写真が良いかをみてください。
 
(A)

(B)

(C)

ご意見、お待ちしてまーす♪


ウミウシ強化合宿

今日もフジコちゃん1名に、ガイド2名体制です。フジコちゃんは別にウミウシマニアというわけでは、ありません。ついでに言っておくと、名前がフジコというわけでもありません。魚でも、甲殻類でも、なんでも可愛いものならバシッとコンデジで撮ってしまう、頼もしいゲストです。ガイドする側が、ウミウシ強化期間中なので、おのずと紹介するのはウミウシばかり。それでも、ちゃんと期待に応えてくれて、予想以上の写真を撮ってくれました。

ウミウシ強化部長も負けじと、撮ってました。
ゲストと張り合って、どうする?

ウミウシ界の渡辺直美のようです。

そして私は、今日も3~4月にFU-KUで開催する写真展のポスター用に、写真を撮るフジコちゃんを撮りまくってきました。自分の写真は全然見直していないので、明日ゆっくり選別しようと思っています。ポスターが出来上がったら、いよいよ皆さんにイベントの告知をしますね。明日はブログをお見逃しなく!!

※八丈島でお店をやりたいというダイバーはこちら
天 気    晴れ
風向き    西北西 4~5
最高気温   10.6℃
最低気温   8.6℃
注意報/警報 強風・波浪注意報
透明度    25m~
水 温    18℃
服 装    5mmツーピース+フードベスト、ロクハン、ドライ


放浪の旅人

今日のゲストは秋田からいらっしゃった方でした。てっきり秋田から東京へ出て、八丈島に遊びに来てくださったのかと思っていたのですが、そうではありませんでした。なんと、まず秋田から石垣島へ。そこでスキンダイビングを楽しんでから東京へ戻ってくる時に、「もっと泳ぎたいなー」と思いが膨らんでいったのだそうです。しかしその後、長野へ友達に会いに出かけ、また東京へ戻ってきてから、そうだ!八丈島に寄っていこう!と、竹芝桟橋へ向かったのでした。秋田でもスキンダイビングをしていらっしゃるそうですが、ダイビングは初めて。水中でのんびりしていても平気だし、目の前でカメを眺められて、大満足。写真には、なぜか別のショップの方が一緒に写ってますが。。。

ファンダイビングのゲストもいらっしゃいました。こちらはリピーターのフジコちゃん。実は、前々からフジコちゃんにはお願いしようと思っていたことがありまして。それは3,4月にFU-KUで開催する「八丈島みんなの写真展」のポスターのモデルになってもらうこと。
一生懸命撮影しているフジコちゃんの周りを、ぶんぶんハエのように飛び回り、いっぱい撮らせてもらいました。その写真は、これからポスターに仕上げますので、お楽しみに。フジコちゃんは、私が傍にいて、気が散るだろうし、お邪魔だっただろうと思いますが、それでも素敵な作品をいっぱい撮ってくれました。

まずは、リベンジのハチジョウタツ。今回はばっちりですね。

トウモンもきれい♪

2枚の海藻の間にキャラメルウミウシ。まるでレタスのキャラメルサンド。

明日も八重根でのんびりする予定。
何が撮れるかなー

※八丈島でお店をやりたいというダイバーはこちら

天 気    晴れ
風向き    西 3~4
最高気温   11.9℃
最低気温   9.2℃
注意報/警報 強風・波浪注意報
透明度    25m~
水 温    18℃
服 装    5mmツーピース+フードベスト、ロクハン、ドライ


神湊に行ってみた

低気圧爆弾が北海道で炸裂していますが、八丈島はそこそこ穏やかな晴天です。シーツを洗って、シャルルも洗って、どちらもふんわり。
しかし、なぜかウミウシ強化部長が「神湊に行きたい!」というので、付き合って行ってきました。

神湊と言えば、私がレグルスに来たばかりの〇十年前は、体験ダイビングや講習を開催するところでした。ところが長年にわたって港湾整備という名の工事が続き、ダイバーは神湊から出て行かざるを得なくなり、今では体験ダイビングは底土か八重根で開催するのが当たり前のようになってしまいました。以前は八重根で体験ダイビングをしているショップを見かけると「すごいなあ…」と尊敬のまなざしで見ていたというのに。底土や八重根に潜れば、かなりの確率でカメが見られます。いつの間にやら体験ダイビングでカメが見られるのも、もはや当たり前のようになってきてしまいました。
ところが最近、工事が一段落しているせいか、神湊でもカメが見られるんです。底土や八重根と比べると確率は低いけど、めっちゃ楽です。
今日もいました。岩の隙間でたたずむカメ。
でも、なーんか、今さら体験ダイビングの主力ポイントを神湊に戻そうという気になれないんですよね。
体験ダイビングを申し込まれる方の期待も、昔と比べると大きいからでしょうか。

やっぱりね、他のポイントと比べると華やかさには欠けます。
地味に楽しめるポイントなんですよね。
のんびり目に付くものを、気の向くまま撮ってきました。

ぽんた君

マガキガイ。美味しいんだそうですけど、この瞳を見ると食べる気になれません。

先日八重根でも見かけましたけど、なぜか神湊でもよく見ます。

ところで神湊に行きたいと言っていたウミウシ強化部長の成果はどうだったのでしょう? どうやら胸に秘めていたミッションは達成できなかったようです。残念。

でも素敵な写真が撮れたから良いんじゃない? ダメなの?
ダメだそうです。

また次回、チャレンジしてください。

※八丈島でお店をやりたいというダイバーはこちら

天 気    晴れ
風向き    北西 3~4
最高気温   15.3℃
最低気温   11.4℃
注意報/警報 波浪注意報
透明度    15m~
水 温    20℃
服 装    5mmツーピース+フードベスト、ロクハン、ドライ


爆弾前のナズマド

週間天気予報の1週間前から、つい先日まで、明日は暴風雨の予報でした。水曜日だけ暴風雨って、どんな天気になるんだろう??と、ひそかに楽しみでもあったのですが、案の定、暴風雨という言葉はいつの間にか消えてしまいました。今見る明日の予報は雨のち曇り。なんだかいつもと変わりません。でも今朝のテレビでは「これから爆弾低気圧が発生します。ところによっては暴風雪になるところがあります。ご注意ください!」とのこと。八丈島がまぬがれただけで、これから大荒れの天気になっていくということには変わりがなかったようです。

ところで、この爆弾低気圧って言葉、なんだかインパクトあってすごくないですか?
温帯低気圧とか、熱帯低気圧とか、イマイチ意味わかんなくても、爆弾低気圧って言われたら誰でも暴風雨になるんだろーなーって気がしますよね?
でも、逆にわかりやすすぎて、こんな言葉、ほんとに正式にあるの?? と思ったら、やっぱり通称名称でした。
爆弾って言いますとね、やはり私の両親の世代なんかからすれば、B29、空襲警報、疎開、闇市・・・と、敗戦のイメージばかりが連想されますから。で、気象庁は気を使ってくださっているようで「急速に発達する低気圧」と呼んでいるんですって。どれくらいのスピードでどんだけ発達したらそう呼ぶのかっていうのも、ちゃんと定義されているんですよ。

前置きが長くなりましたが、要はこの爆弾低気圧、今八丈島付近を通過中です。でもまだ爆発してない状態で通過しているので、雨・風が強くなるのは夜になってから。そして、八丈島のローカル・ルール、低気圧通過前にはナズマドが凪る。ことが多い。
ルール通りにならないこともありますが、とにかくチャレンジすることが大事!
ということで言ってきました~、ナズマド!! (やっと本題です)

低気圧前のせいか、なかなかのうねりっぷりでしたが、相変わらず透明度抜群。水温も20℃で快適。それに何と言っても、今日はクジラ・ソングがすごかったー! 海の中全体に響き渡るような歌声でした。
ナズマドへ行くときにはワイドレンズを持っていくことにしている私は、一気に沖へ。もしかしたら背後にクジラが通過しているかも知れないと思いつつ、根の隙間に頭を突っ込んで写真を撮っておりました。以前からの私のミッションはテングダイ。なかなか思い通りの写真になりませぬ。

撮っているうちにテングダイも愛想つかしてどっかに去っていってしまったので、仕方なくテングダイなしの写真も。

ウミウシ強化部長の加藤さんは、「久しぶりにアビス行ってくるかー!!」と言いながらエントリーしていたのに、なぜかずっと私の近くで壁とにらめっこ。こちらもクジラの声が気になって、なかなか集中できなかったそうです。
今日はバイオレットな2点。

話は飛びますが、エキジット後にちょっとしたサプライズが!
うねりが強くてエキジットするのが大変そうに見えたダイバーさんのカメラを持ってあげようとしたところ、ふと目についたエスティバンのステッカー。
そのダイバーに突然「水谷さんですよね?」と言われて、顔をまじまじ見てみたら、数年前に私が久米島のエスティバンへ遊びに行った際、ガイドしてくれた田中伸さんでしたー。
元気そうで、楽しそうで、良かったー!! 今は名古屋のダイビングショップで働いていらっしゃるそうですよ。

ダイビングさえ続けていれば、再会できるチャンスっていっぱいありますね!!
やっほぉー

※八丈島でお店をやりたいというダイバーはこちら

天 気    雨のち晴れ
風向き    東北東の風 のち 西南西の風 2~3
最高気温   14.9℃
最低気温   8.0℃
注意報/警報 波浪 雷 注意報
透明度    30m~
水 温    20℃
服 装    5mmツーピース+フードベスト、ロクハン、ドライ


最後の海洋実習はウミウシ・ダイブ

今日は午後から島民さんの最後の海洋実習。地元の方なので時間のある日に半日ずつ通ってもらっていたので、年をまたいでしまいました。島育ちなだけあって、ダイビングは最初からとってもお上手。昨日から、最後の海洋実習はナズマドだな!と思っていたので、朝海況チェックに行ってみると、全く問題なし! 自分のTG-5を持っているからハウジングだけ借りて水中写真を撮りたいと言っていたので、ナズマドでユウゼン撮って、カメ撮って、テングダイ撮ってもらおう…などと考えていました。
しかし、器材とカメラの準備をして、「何、撮りたい~?」と尋ねたところ、即答で「ウミウシ」。
そうなんです。忘れてました。この方、元々スノーケリングでウミウシを眺めて楽しんでいた方だったのでした。島の中にあるダイビングショップの中で、特に知り合いの紹介でもないのにレグルスを選んでくれたのは、たまたま見かけたホームページにいっぱいウミウシの写真が載っていたからだったのです。
ウミウシ撮りたいんだったら、今ならナズマドより八重根じゃん??
せっかくナズマド入れるのに、ちょっと残念な気もしたのですが、あえて八重根へGO!
最後の海洋実習のミッション、カメラの使い方については
・(水中モードを使うので)ウミウシに近寄りすぎないようにすること
・シャッター半押しして、ピントが合ったのを確認してから撮ること
・ズームは半分以下におさえること
そしてダイビングスキルに関しては
・撮る前にBCのエアを抜くこと
・ウミウシの前(触覚がある方)から撮れる位置で身体を落ち着かせること
・撮ったあとは、BCにエアを入れてから移動を始めること
以上です。
そして、撮れた作品がこちら。

文句なしに、合格でしょう?
これで立派なウミウシ・フォトダイバーの誕生です!!

一方、ウミウシ強化月間の加藤さんも、八重根でウミウシを撮影。こちらのミッションは1つのウミウシに対して
・同定(種の特定)に適した向きから撮ること
・図鑑に載せるため、特徴がよく表れた写真を撮ること
・ブログに載せるため、美しく見える写真を撮ること
以上です。

そして今日の作品がこちら。

今日もウミウシの名前は、自分で調べてくださいねー。
ウミウシの写真を、もっとうまく撮りたーいと思っている方、今の時期がチャンスですよ!

※八丈島でお店をやりたいというダイバーはこちら

天 気    雨
風向き    北東の風 2~3
最高気温   11.1℃
最低気温   7.2℃
注意報/警報 波浪 雷 注意報
透明度    20m~
水 温    18℃
服 装    5mmツーピース+フードベスト、ロクハン、ドライ