2015年05月 一覧

今日はマクロで楽しみました。

今日はボートとビーチに分かれたレグルスです。

午前中の八重根は、巨大なヒレナガカンパチがムロアジやアオリイカを追いまわしていました。

午後に行ったら、産卵床にたくさんのアオリイカ。数えたらなんと33匹もいました。

3本目は底土に回って、エビ・カニ・ヤドカリの甲殻類ダイビングです。

連日のハンマーヘッドで大騒ぎしていたレグルスですが、

今日は一転マクロでのんびりした日でした。

4日間パラサイトラバーさんと一緒だったので、目が寄生虫モードになってしまったのか、今日もメダマイカリムシを見つけてしまいました。人生で2匹目をこんな短期間で発見するとは・・・。

 

今日のゲストフォトは2人の方からいただきました。

ありがとうございまーす!

まずはダイコン虫さん(LUMIX GF-3)から3枚。

ヘビギンポ属の1種。地味な体色だけど緑と青がとってもかわいい。

P1090109

 

水玉カエルアンコウ

P1090210

ミスガイ

P1090224

Conさん(Canon S120)からも写真をいただきました。

いつもおいしそう、セミエビ

IMG_0041

砂地をゆらゆらホシテンス

IMG_0054

アマミスズメダイ。日に日にいい子になって撮りやすい。

IMG_0114

今日イチのヒット!ゴマフビロードウミウシ!

IMG_0192

 

しょうた

天気 雨
風向き 南西の風 1~3
最高気温 23.1℃ 最低気温 20.0℃
注意報/警報 雷・濃霧注意報
透明度 20m
水 温 22~24℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です。


午前はアオリイカで、午後はハンマー

宣言通り、今日もハンマーを見てきました!

午前中は八重根で、20匹近く集まるアオリイカの大産卵ショーを見て

午後はハンマーを見るためにナズマドへ。

3日連続でハンマーをあてているレグルスですが、調子のっていると外しそう・・・とか思っていたのになんと今日もハンマーを当てました!

2m以上ある巨大な体躯をうねらせて通過していきました。

もう言っちゃっていいでしょ?ハンマー見るなら、レグルスダイビング!

 

さて、4日間ハンマーを狙い続けたカヤマさん(LUMIX GX-7)ですが、

本来の姿は”寄生虫や微細な生物フェチ”というヘンタイダイバーさんでした。

彼女が持つ世界観に驚かされる日々でした。

かやまワールドをご紹介。

 

まずはこれ、やばいでしょ。人生で初めて見たメダマイカリムシ。

寄生虫が好きと言われたので探してみたら、運よく見つかったんですが

見つけて思わず叫び声をあげてしまいました。ハンマーを見た時とは違う声です。

鱗がめくりあがるほどに食い込むものなんですね、うげ。。。

P1020506

ワレカラやツツムシなど、微細な生物をいっぱい撮りました。

P1020175

こちらはワレカラの子供たち。こんなに素敵な絵になるなんて、ジブリのようでもあり、ムーミンのようでもあり。勉強になります。

さっそく明日、まねて撮ってみようっと。

P1020572

 

一緒にハンマー待ちをしているときに遭遇したハガツオの大群。

2人で群れに囲まれたときは、大興奮でした。

P1020073

ナイトも2本いってきたんです。

フウセンウミウシがまさに浮かんでいました。

husenP1010914

 

ハリダシキンメという深海性のサカナだと思われる幼魚もナイトをしているときに発見しました。ずんぐりむっくりな体に大きい目がとってもキュート。

haridasikinmeP1010884

一番好きなのは、カエルアンコウだというので、八重根のイロケロとケロケロも。ほっとくとずっと撮っていそうでした。

P1020020

ウミウシもいけるそうで、シラタマウミコチョウや

P1020038

キイロウミコチョウ、

P1020441

カイメンウミウシ、

P1010988

浮遊物にくっつく不思議なウミウシ、ヒメミドリアメフラシも。P1010870

ソバガラガニも、カヤマさんにかかるとこんな奇抜な恰好になります。

P1020560

撮ってもらってる横でかわいいかわいいと叫びすぎたカイカムリの仲間

P1020544

テンションあがりすぎた、楽しい4日間でした。

たくさん写真もらっちゃいました、ありがとうございます!

僕にはないセンスの良さが光っていて、今すぐに真似したいものばかりでうずうずしちゃいます。

これからも素敵な、かやまワールドを楽しみにしてます!

 

 

しょうた

天気 大雨
風向き 北東の風 のち 西南西の風 4
最高気温 25.5℃ 最低気温 19.1℃
注意報/警報 なし
透明度 30m
水 温 22~24℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です。


キハダを追うハンマーの群れ

黒潮接岸から3日目。今日もレグルスはハンマーをあてました!

残念ながら午前中は見ることができなかったのですが、

午後のエントリー直前に「ハンマーがいっぱい」と聞いて懲りずにいってきました。

目撃情報のあった根で待っていると、沖から固まった黒い影が15匹ほど向かってきます。

うおーーーー!!!!!・・・・?

ってシルエットが違う。あれはキハダだ!

なんとキハダマグロの群れがやってきたんです。

ハンマーの気配がむんむんと漂っていたので、さらに待つこと5分。

再びキハダマグロの群れが横ぎった、と思った直後!

30匹のハンマーヘッドが頭上を通過していきました!!!

IMG_8091

1匹1匹がデカイため、迫力がありすぎます。

見たゲストのうち1人は、パニックになってマスクにがばがば水を入れていました笑

その気持ち、僕にも分かるな~。

ゲストの迷惑になるほど叫びまくっていましたから。

明日もナズマドに入れればハンマー狙っていきます!

 

 

 

しょうた

天気 大雨
風向き 東の風 5
最高気温 21.4℃ 最低気温 18.2℃
注意報/警報 強風・波浪注意報
透明度 30m
水 温 24℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です。


ハガツオの雲が往来

黒潮接岸から一夜明けて、今日も一日中沸き立っておりますここ八丈島。

ハンマーに遭遇するチャンスが格段と増える接岸からの1週間という短い期間が勝負です!さっそく昨日ハンマーをあてたので、連続記録を作ろうってことで今日も根待ちしてきました。

なんと加藤さんは一人で2匹のハンマーを見たそうで、レグルスとしては2連勝なんですが、ゲストは残念ながら見ることができず。

IMG_2362

 

代わりに、ものすごいハガツオの群れにまかれました。

IMG_8035

北へ南へなんども往復するハガツオの群れ。

IMG_8033

1匹が1mくらいあるハガツオがうん百ひきと群れている光景は圧巻。

IMG_8032

ばーーーん!!!近くて大興奮!!!!

IMG_8029

ハガツオが雲のように群れているのでそちらに気を取られがちになるんですが、沖にはなにやら大きな黒い影も数匹、彗星のように通過。

ヒレナガカンパチも1.5m級がやってきました。

大物見るなら今!盛り上がりがやばい!

 

今夜もライトトラップやってくるんで、何が出るか今からわくわくです。

夜も楽しくて、心が休まる日がありません!!!

 

しょうた

天気 はれ
風向き 東の風 1~4
最高気温 23.9℃ 最低気温 16.9℃
注意報/警報 波浪注意報
透明度 30m
水 温 22~24℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です。


黒潮接岸!ハンマーヒット!ライトトラップもヒット!

今日はやばかった!やばかった、この一言に尽きます。

ナズマドに入ってみると昨日までと同じ海とは思えないほど青い海!

これぞ八丈ブルーだ!と言える海がようやく帰ってきました。

これは間違いなく黒潮が接岸したという証。

水温も24℃まで上がって、ドライを切ると汗ばむほど。

しょうたはさっそくウエットデビューしちゃいました。

八丈島では、黒潮が接岸してからの約1週間、ハンマーに遭遇する確率がぐん!っとあがります。

それを知ってか、水温が上がったという情報を聞きつけた島中のガイドがナズマドに集結。

僕も、何年もレグルスに通ってくれているのに、いまだハンマーに当たったことがなかったというBigroofさん(Canon S120)と一緒に根待ちしてきました。

そしたら、どーーーーーん!Bigroofさんの初めての男になっちゃいました。

IMG_7255

もちろん、アオリイカも大産卵

IMG_7127

ワイドで興奮しきった心に癒しのカエルアンコウ

IMG_7189

今日1日だけですが、田中さんがご来店。

フォト講座をご希望されて、今日も開催です。

最近とっても人気ですね~フォト講座。

レグルスのフォト講座はガイドフィー以外の追加料金は一切なしで受講可能ですからとってもお得です!

使用カメラはOlympus μ-toughで、10数年ぶりの八丈島でユウゼンを狙ってきました。

tanaka_3

自分が撮ったのが信じられないなんてこと言ってましたが、いえ、田中さんが自分で撮ったんです!

tanaka_2

昨日までと海の色が全く違う!ほんと、青い海だ~!!キンギョのオレンジがよく映えます。

tanaka_1

しょうたは、今日もまた八重根でライトトラップしてきました。

真っ暗な海に青白く輝くトビウオの幼魚のようなシルエットの稚魚がとっても美しくてテンションぶち上げ!ほかにもいろいろと稚魚が漂っていて、八丈のライトトラップのポテンシャルに驚いています。今日は水温が高いし、透明度ばつぐんだし、ハンマーも狙い通り、浮遊生物まで当たっちゃって、一日中アドレナリンでっぱなしでした。気がおかしくなっちゃいそう。

 

 

しょうた

天気 はれ
風向き 南西の風 1~3
最高気温 25.7℃ 最低気温 15.2℃
注意報/警報 なし
透明度 30m
水 温 22~24℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です。


産卵床で産卵SHOW

朝は少し晴れ間が見えるかな、という感じだった天気もお昼にはピーカン。

長いこと霧がかっていた八丈富士は、今日は山頂が顔を見せてくれました。

海況は北東の風がうねりを押さえつけてくれたおかげで八重根に入ることができました。

昨日の時点で水温が高くなっていたので、今日はアオリイカの産卵が期待大!

沖では予想通り、産卵床ではアオリイカが10数匹集まっての産卵ショーが見られました。

途中ツムブリが侵入してきて散り散りになることもありましたが、それもまた一興。

始終ダイナミックな光景が繰り広げられました。

P5260246

マクロネタは、カエル勢が2個体

P5260204

P5260279

いや~、突然のフォト講座でめきめきと写真が上達したサッチー(Olympus XZ-2)さん。

まるで一眼で撮ったような写真連発です。センスの塊だったな~。

動き回るアマミスズメダイや

P5250091

ミナミギンポだってばっちり撮れていました。すご~い。

P52501312

 

 

そして常連のBigroofさん(Canon S120)は、今日めっちゃ面白い写真ばっかり撮ってくれました!

ウミコチョウの里では、ピノーサムが文殊の知恵をしていて笑っちゃいます。

IMG_6916

アサヒハナゴイとヤマブキベラがこっつんこ!

IMG_6900

 

そして、僕一番のヒットは、カイカムリ!がなんと海藻かぶってたの!

マントみたいにふぁさっふぁさって踵をかえすように揺らしていました。

IMG_7028

天候は回復したし、水温も上昇。

明日は海況も全快してナズマドねらってこ~!

 

しょうた

天気 はれ
風向き 北東の風 4
最高気温 22.6℃ 最低気温 18.4℃
注意報/警報 強風・波浪注意報
透明度 ~15m
水 温 20~22℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です。


ライトトラップやってみました

昨日、同業の先輩を誘って八重根でナイトダイビングをしてきました。

ライトトラップを使って浮遊系生物狙うダイビングです。

最近興味がわいてきたばかりで、このまえ突然の思いつきでやってみたんです。

初めてだったこともあり、とっても楽しかったのですぐに第2回を昨日実施してきました。

 

 

RGBlueを2灯使ってのライトトラップ。

まず発見したのはクラゲ。

緑色に発光しているように見えるけど、肉眼じゃ気づいていませんでした。

初めてですからね、次回注意して見てみます!

kurage20150525DSC_0120

奇抜な形のゴカイの仲間も。赤く光る目が夜の怪しい雰囲気にマッチしていました。

trap220150525DSC_0188

 

浮遊生物を狙っていて一番おどろいたことは、次々とウミウシが飛んでくる!

アメフラシに始まり、ウミコチョウの仲間、スカシウロコウミウシ、アミメウロコウミウシなんてものが、潮に乗ってやってくるんです。

こうやって移動しているのか!と驚きが隠せません。

お前まで!?と突っ込みたくなるコヤナギウミウシまで。

koyanagi2DSC_0145-2

極めつけはハナオコゼ!ライトにつられて集まったものを狙いにやってきたみたい。

hanaokoze20150525DSC_0204

15cmくらいのでかさ!水面付近で、口をはむはむしながら漂う姿に大発狂してしまいました。

僕がハナオコゼに夢中になっている間に、先輩は最大の成果であろうカサゴの稚魚を発見していたようです。これはすごい!

八丈でも浮遊系ダイビングできる!と確信が持てる1本でした。

すっかりライトトラップに魅了されてしまいました。

 

 

八丈島では、海況次第でいつでもナイトダイビングができるのでリクエストお待ちしております!


水温20℃まで上がって、あったかいんだから~♪

低気圧のせいで、西側にうねりが入ってきてしまいました。
一方、底土は北東からの風でばしゃばしゃ。
でも、入ってみたら意外とどうってことない感じでビックリ!
ムロアジリバーに包まれて、たくさんのアオウミガメがいて、
アーチ下にはツムブリまで入ってきてワイドがとっても魅力的でした。
マクロでも、キンチャクガニがいてくれるし、ハコフグの幼魚なんてのも。
ウミウシは、やたら白いミツイラメリが目につきました。黄色い個体もいたようです。

2日目のBigroofさん(Canon S120)から写真をいただきました。
春告魚のはずなのに、今年はまだ数個体しか発見されていないアマミスズメ
例年ならあっちにもこっちにもいるのが、今年は超レア感出してる!
IMG_6589

シロイバラウミウシ大量発生中
IMG_6801

顔面が愛くるしくてたまらないツマジロオコゼ
IMG_6736

何より、今日は午前が19℃、午後は20℃まで水温が上がってあったかいんだから~♪

しょうた

天気 雨
風向き 北東の風 4
最高気温 19.0℃ 最低気温 18.0℃
注意報/警報 強風・波浪注意報
透明度 ~15m
水 温 ~20℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です。


八丈で見たかったキンチャクガニ

今日は前線が南から接近して東からの強風が吹きました。
一日中大雨で、分厚い雲に覆われた八丈島。
西側のポイントは凪でした。
午前中は潮が速いナズマドを避けて八重根へ。
午後は潮のないのをいいことにナズマドを貸し切って好き放題潜ってきました。

昨日までワイドで八丈の海を楽しんだMomoitiroさんは、
カメラの仕様に変えてマクロに挑戦です。

今まで見たことがないというキンチャクガニ。
_DSC2759

オレンジ水玉のイロカエルアンコウは八重根のアイドルの座を確固たるものにしつつあります。
_DSC2679

ツマジロオコゼ
_DSC2608

ナズマドのケヤリは美しくて、チビブダイやワレカラと撮るのもいいけど、
単体で撮るのも面白いですね。
_DSC2779

や~ん、これ超かわいかった。
フタホシキツネベラの2cm幼魚。
_DSC2871

今日からお越しの常連Bigroofさん(Canon S120)からは3枚いただきました。
毎度、ありがとうとざいます!!!

シロタスキベラの若魚
IMG_6406

ブチススキベラの幼魚は、うまく海藻に隠れているところ
IMG_6430

ナズマドの沖にはスジハナダイが常にスタンバイしております!
IMG_6519

明日も雨は降りますが、北東が吹くので変わらずナズマドに入れそうです。
しょうたはこれからナイトへいってきま~す!

しょうた

天気 雨
風向き 北東の風 1~5
最高気温 17.4℃ 最低気温 12.9℃
注意報/警報 強風・波浪注意報
透明度 ~15m
水 温 ~16℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です。


初八丈はユウゼンをワイドで

今日は3チームでマンツーマンガイドをしてきました。
しょうたは、3年前にCカードを取ったきりのゲスト様。
潮が速いナズマドを避けて八重根でゆったりとしたダイビングを楽しみました。
アーチとクマノミ村をしっかり押さえて帰ろうとしたら、アオウミガメにも遭遇できました。
2本目にナズマドへ行ったら、ほかのチームは一日中潮が速くて大変だったと感想を漏らしていたのが
信じられない程ゆったりと潜ることができました。
テングダイやレンテンヤッコなど、八丈ならではのサカナを紹介しつつ、ユウゼンを探していたんですが
残念ながら発見ならず。。。
悔し~!と思っていたら、
「あの~それらしいサカナみたんですけど!一匹だけ尋常じゃない雰囲気で・・・」
って。見られてよかった~♪

一方、加藤さん、みさんはナズマドに3本コースでした。
写真は、昨日に引き続きみさんチームのMomoitiroさん(SONY RX100Ⅱ)からいただきました。
ありがとうございます!
マクロで潜る予定を、急きょ晴れていたこともあってワイドに変更。
功を奏して、明るい海を背景に、きれいなユウゼンが撮れていました。
_DSC1682

激流の中、キンギョハナダイが群れます
_DSC1641

エントリー口で加藤さんと泳ぐアオウミガメに遭遇~。
_DSC1666

明日は、ガッツリマクロダイビングの予定でいきましょう!
また写真よろしくお願いします(笑)

しょうた

天気 晴れ
風向き 東の風のち南西の風 1~2
最高気温 23.6℃ 最低気温 15.8℃
注意報/警報 なし
透明度 ~15m
水 温 ~19℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です。


1 2 3