「 2015年06月 」一覧

あえて八重根へ!

確か雨は朝のうちだけという予報だったはずなのですが、一日中降っていました。風もずーっと北東のままなので、八重根やナズマドは凪だったのですが、レグルスから見える底土は大しけのまま。多分島内のダイバーは皆さんナズマドへ出かけたのではないかと思うのですが、レグルスではオーナー加藤の希望で八重根へ出かけました。実は、加藤には新たなプロジェクトが始まり、俄然張り切っちゃっているのです。「み」とご近所ショップのメグちゃんはお付き合いで、八重根に到着してからも「なに撮ろうっかな~♫」てな感じの、お遊びモード。そして、海に入ってからは、完全に別行動で、ほとんど姿を見かけることなくエキジット。みんな、なに撮ってたんだろ?

「み」は最近急に増えてきたヒラヒラ系の幼魚にチャレンジ。
TG-3得意の置きピン(=ピント固定)で頑張ってみました。

・まずはヒラヒラ度NO.1のブチススキベラ
P6300019

・こちらもヒラヒラ度で負けていないパンダ模様のスミツキベラ
P6300085

・ヒラヒラではなく、超高速クネクネ・ダンサーのアジアコショウダイ
P6300162

それから、もうずいぶんと長いこと見られているせいか、現地ガイドは撮らなくなってしまったネタも健在です。もう終わったのかと思われても困るので、しつこく載せておきます。

・かなり成長したアサヒハナゴイ
P6300063

・アサヒハナゴイのそばには、こんなアイドル、クロメガネスズメダイも現れました
P6300051

・相変わらず盛んなアオリイカの産卵
P6300144

どんどん楽しみが増していく八重根ですが…
明日は南西の風、なんと一日中10m/s前後吹く予報。まるで台風です。
みんな無事に過ごしてくれますように。

み(TG-3)

天気 土砂降りのち小雨
風向き 北東の風 4~5
最高気温 22.0℃ 最低気温 21.0℃
注意報/警報 強風・波浪・雷・濃霧注意報
透明度 15m
水 温 25℃
服 装 5mmスーツ・6半
日中は温かい日が多くなりましたが、雨の日などときに肌寒い日もまだあります。1枚薄手の長袖があるといいです。


光るキノコ無料観察会のお知らせ

テレビや新聞などで、すっかり有名になった光るキノコ
アフターダイブに見に行ってみませんか?
空港の近くにある植物公園内で、無料の観察会が実施されますよ♪
是非、ご利用くださいね。

P6240488

開催期間 7月18日(土)~8月31日(日)

お休み  火曜、水曜、7月23~25日、8月10,11,13,14,15日

受付時間 19時20分~20時

詳しくは、当日お店でお尋ねくださいね!


プレミアム商品券 詳細発表!

商品券

各地で話題になっているプレミアム商品券、八丈町で発行されるものについて、詳細が発表になりました。10000円分の購入で11000円分(千円券が11枚)使用できる、お得な商品券。おまけの1000円は、私たちが払った税金が原資になっています。絶対、使わないと損ですよ!!

 

使用できる期間  7月12日~11月30日

使用できる加盟店 (一部抜粋)

レグルスダイビング

宿泊施設 :
国民宿舎サンマリーナ、ロッジオーシャン、
ホテル・リード・アズーロ、八丈ビューホテル、
ペンション大吉丸、船見荘

交通機関 :
航空券のコーツー(航空券の購入可)

居酒屋等 : 
八丈ストア、スーパーあさぬま、ブーランジェリー、民芸あき、
梁山泊、宝亭、エイト、通(みち)、合月(あいづき)、
あそこ寿司、銀八、一休庵、藍ヶ江水産干物食堂

 

発売日は7月12~24日と8月16~17日で、島内の販売窓口で発売されます。そんな日に八丈島に行くことはできない方のために、代理購入が認めれています。
購入希望の方は、是非ご連絡くださいね!!


昨夜のHOTけNIGHT!は、、、冥界への入り口

今日は西からの強風につき、凪ていた底土も八重根もばしゃばしゃで、海況に頭を悩ませた一日でした。海の中が動いているので透明度も悪くなっていました。八重根では巨大なアオリイカが集団で産卵しているので、迫力はあるものの撮影するには砂が待って苦しい状況でした。アオウミガメも夏を前にしてみな活発に泳ぎ回っていました。その上お日様が出ていて、すごくいい写真が撮れそうだったぶんとても残念でした。エントリー口付近にはムロアジが玉になっていて見応えばっちりです。それだけに・・・

とワイドには厳しい海況でしたが、マクロではワライヤドリエビやキンチャクガニ、ヒメテグリ、アサヒハナゴイなどなど、他にかわいい幼魚がいっぱいいてネタは豊富でした。

そして、昨日はHOTけNIGHT!でした。昨夜もINONさんとエーオーアイ・ジャパンさんのライトが暗闇の底土を明るく照らしてくれました。

IMG_8731

 

潮回り、月の輝きなど今週は条件が悪いと予測しているのですがやってみると意外と面白い。しかも昨日はいつもと違って出物が異様だったんです。

まず、ライト設置の先鋭隊としてエントリーしてすぐに発見したのがこれ。

DSC_0015

20分後、本陣到着と同時に突如として現れたのがなんと、イカ。HOTけNIGHTでは稚魚ばかりバンバン出て、あまりイカは見かけないため貴重な写真だと思います。スルメイカ?

DSC_0032

そして、この日はHOTけNIGHT!史上もっとも強い入れ込みの潮でした。強烈な潮に乗って奇妙な生物がいっぱい流れてきたんです。そのせいで。いつもと全く違う様相を見せ始めました。初めて見るようなクラゲがいっぱい。

DSC_0095

ちっさいのからおっきいのまで、いろんな種類のクラゲ。びゅんびゅん流れてくるのでちっこいのは撮りきれませんでした。

DSC_0088

 

サルパみたいな、生きているのかいないのか、でもうごめいているものもいっぱい。

DSC_0079

これらの不思議な生き物は、ライトを当てるとどれも一層美しくなります。

DSC_0049

びゅんびゅん飛び回るこんなのも。エイリアンの偵察部隊でしょう。

DSC_0094

この調子だと、タルマワシ出そう!と期待したいたんですが、それを上回るものすごいの出ました。宇宙戦争という映画にこういう形した人類を滅ぼそうとするロボットが出てきませんでしたっけ。触手の1本1本に仔稚魚とかエビとかくっついていて・・・これらは捕食の成果なんでしょうけど、むしろ生み出しているようにも見えてとにかく恐ろしい姿でした。

DSC_0056

もしかしたら、冥界への扉が開きかけていたんじゃないか?と不安になってきたところでタイムオーバー。このまま潜り続けていたらいったい何が出たんでしょう。日ごとに何が出るかわからないHOTけNIGHT!今後も見逃せません。

 

 

しょうた(Nikon D80)

天気 嵐 のち 晴れ
風向き 西の風 4
最高気温 24.4℃ 最低気温 20.8℃
注意報/警報 波浪注意報
透明度 15m
水 温 24℃
服 装 5mmスーツ・6半
日中は温かい日が多くなりましたが、雨の日などときに肌寒い日もまだあります。1枚薄手の長袖があるといいです。


嵐のち晴れ。

今日は雨で、朝は飛行機が欠航してしまいました。1便でお越しになる予定だったゲストは羽田で待機。昨日から滞在のゲストたちはボートダイビングを楽しんでいただきました。

お昼前には一時、台風のように強風と大雨になりました。体験ダイビングのゲストがいらっしゃったので、雨がやむのを心待ちにしているとその願いがかなってか、午後からは晴れ間がのぞきました。そのおかげで羽田待機中のゲストがリベンジした2便が到着。底土で1本潜ることができました。

日差しがあり水中が明るくなったので気持ちよく体験ダイビングすることができました。

IMG_8722

 

 

しょうた(Canon S90)

天気 晴れ のち 雨
風向き 弱い風があっちこっちから吹いています
最高気温 23.5℃ 最低気温 20.1℃
注意報/警報 なし
透明度 30m~
水 温 24~26℃
服 装 5mmスーツ・6半
日中は温かい日が多くなりましたが、雨の日などときに肌寒い日もまだあります。1枚薄手の長袖があるといいです。

飛行機が到着したその頃、僕は、大雨の中迎えた体験ダイビングゲストと一緒に雨やむのを今か今かと心待ちにしていました。願いが届いたのか、

 

 

しょうた(Canon S90)

天気 嵐 のち 晴れ
風向き 南西の風 4
最高気温 25.2℃ 最低気温 23.7℃
注意報/警報 波浪・雷・濃霧
透明度 30m~
水 温 26℃
服 装 5mmスーツ・6半
日中は温かい日が多くなりましたが、雨の日などときに肌寒い日もまだあります。1枚薄手の長袖があるといいです。


今日もイルカGet!

今日は雨の予報だったのに、晴れた~!! と喜んでいたのですが、夕方あたりから降り始めました。本日のゲストは、八重根の体験ダイビングチームと、ナズマドのファンダイビングチーム。

体験ダイビングチームは、海へ向かう車の中からワクワク・ドキドキでテンション上がりっぱなし。こんなに舞い上がった状態で、ちゃんと落ち着いてダイビングして頂けるかしら??と心配になるほどでしたが、結果オーライ。アオウミガメにも会えて、大感激して頂きました。帰りの海の中では、ライセンス取得講習のことや、ファンダイビングのことで盛り上がりました。きっと、ライセンスを取って、また遊びにきてくださることでしょう。

ファンダイビングチームはマクロ狙いで出かけたのですが、そんな時に限って、またもやイルカ! 今回は6頭。前回登場した5頭よりもゆっくりめの通過だったらしいのですが、いかんせん、レンズがマクロレンズなもので…。ガイドしていた加藤は、ゲストに伝えるのに精いっぱいで、コンデジで撮る余裕はなかったそうで…。本日の証拠写真はナシです。

これとは全く別行動で、みは八重根のアオリイカの写真を撮りに行きました。
数日前にゲストと見に行った時には午前中がピークだったので、昨日も午前中に出かけ、全くやる気のないアオリイカにがっかりさせられたのですが、ご近所ショップのメグから3時頃が凄い!という情報をもらい、しっかり3時に産卵床に到着。すごかったです!
このアオリイカの産卵タイム、なかなか読み切れません。
教えてくれたメグとアオリイカを一緒にパチリ。

IMG_8137
み(EosKissDX)

明日は低気圧の影響で風が南西に変わります。
ゲストは少ないけど、明丸が出船してくれることになりました。
黒潮のボート、明日はワイド狙いで出かける予定。楽しみです!!

天気 晴れ のち 雨
風向き 東北東の風 2~3
最高気温 25.1℃ 最低気温 21.2℃
注意報/警報 なし
透明度 30m~
水 温 24~26℃
服 装 5mmスーツ・6半
日中は温かい日が多くなりましたが、雨の日などときに肌寒い日もまだあります。1枚薄手の長袖があるといいです。


とびこみ「八丈の夜はHOTけNIGHT!」

 

今日は飛び込みで、ナイトダイビングがしたいというゲストが来店。

ナイト?ライト?HOTけNIGHT!

ということで、お話をしてみると興味を持ってくださり急きょやってみることに。条件としてはぼちぼちなので出たらラッキーという感じだったのに、思いがけず今夜はHOTでした。

 

とちゅう、出るか出ないかが一つの鍵になりつつあるニザダイ科の稚魚が出たので今夜はいける!という予感がしていました。

その予感が的中して、コモンクダリボウズギス!のどがつぶれるほど大声で狂喜乱舞しました。一度は見てみたい夜の海の貴婦人です。

他にもウシノシタ系稚魚やキンチャクダイ科稚魚など、レアものざくざくの一夜でした。初めて見るやつもいて、今日は当たりだったな~。

 

機材提供はINONさんとエーオーアイ・ジャパンさんです。

水中の様子はこんな感じ。ビームライトのLF800-NとLF1400-Sが遠くから生き物を呼び込み、広角のRGBlueが大量に集めて更に留める。どっちのライトも必要不可欠です。本当にありがたいことです。

 

P6250018

 

しょうた(Olympus Tg-3)

天気 雨 のち 晴れ
風向き 南西の風3のち東北東の風2
最高気温 26.1℃ 最低気温 20.5℃
注意報/警報 なし
透明度 30m~
水 温 26℃
服 装 5mmスーツ・6半
日中は温かい日が多くなりましたが、雨の日などときに肌寒い日もまだあります。1枚薄手の長袖があるといいです。


黒潮の影響

今日は午後から雨が降りどんより。ゲストもいないのでのんびりとした1日です。加藤さんはナズマドへ、みさんは八重根に潜ってきました。八重根のアオリイカはそろそろ産卵も終わる頃。今年は黒潮の接岸が遅れて長いこと低水温が続いたため、アオリイカの産卵も遅れました。そのせいで産卵が始まった頃には既にフィーバー状態。今までに見たことのないほど数が集まり、60匹が産卵床にあふれることもありました。ところが、終わりの季節はずらすことなくいつも通り・・・。今年のアオリイカはちょっと短かったな~。

しょうたは今日は海へは行かず、窒素抜きして体を休めました。毎日潜り倒しでたまっていた事務仕事や、8月に予定している「八丈の夜はHOTけNIGHT!」に向けてINONさんと機材提供に関する相談をしました。お試しイベントが成功してホッと一息つきたいところですが、8月はエーオーアイジャパンさんもINONさんも大量に器材を提供してくれることになっていて、これを失敗することは許されません!気合を入れなおして調査を続けていきます。近日中に8月のイベントについての告知ができるはずですので、お楽しみに!

 

安全停止中はこれまで浅場の岩肌で小さな生き物を探していたのに、最近は浮遊物ばっかりきになって、流れてくるいろんな形の卵を見て楽しんでいます。たまにカメガイとかイカの子供とか見つかるんです。

IMG_8678

黒潮が当たって水温が急上昇したので、冷たい水を好むテングダイはそろそろ深場へ潜っていってしまう頃。

IMG_8649

透明度がぐんと上昇したので沖の草原では見渡す限りの八丈限定種であるシンジュアナゴが楽しめます。

IMG_8652

 

 

しょうた(Canon S90)

天気 晴れ のち 雨
風向き 弱い風があっちこっちから吹いています
最高気温 23.5℃ 最低気温 20.1℃
注意報/警報 なし
透明度 30m~
水 温 26℃
服 装 5mmスーツ・6半
日中は温かい日が多くなりましたが、雨の日などときに肌寒い日もまだあります。1枚薄手の長袖があるといいです。


当たり前のようにハンマーと遭遇

波乱の1週間だった今週末。完全に禁句状態といった雰囲気なので何があったのかとかもう一切言葉にしては言えませんが、、、要はオガマル欠航につき、ま・さ・かのツアー中止。失意のゲストたちでしたが、日程の後半は海況・天候ともに恵まれナズマドばかりのダイビングが続きました。この1週間のうちに黒潮が再び接岸し、月初に沸き起こったハンマーフィーバーも再来。ミナミハンドウイルカ5頭に遭遇するミラクルもあって、小笠原には行けなかったですが今時期の大物八丈を見てもらえました。

黒潮再来で、突然色めき立つさかなたち。キンギョハナダイ・キホシスズメダイ・ニシキベラ・コガシラベラの集団産卵に、カンムリベラ・コガネスズメダイ・セダカスズメダイ・イトヒキベラ・ニシキキュウセンなどパッと思いつくだけでもこれだけの産卵が確認できます。

幼魚も突然に増え、コガネキュウセン・キツネベラ・フタホシキネベラ・ツユベラ・キンギョハナダイ・マツバスズメダイ・キビレスズメダイなどたくさん。一番の驚きは、昨年不作で2~3個体しか確認しなかったヒレグロコショウダイが今年は既に1個体。今年はどうなるかな~。

と、今週は講習にナイトに大忙しだったしょうたが合間にガイドをして感じた海の様子でした。

 

 

さて、今日は加藤さんチームはナズマド3本。もう当たり前のようにハンマーを間近でみています。

IMG_3113

沖のシンジュアナゴ畑は、潮なしのためのんびりした様子。付近にナメモンガラの卵を確認しました。オスがうろうろして縄張りを守っています。

IMG_3175

メジナが水面に群がりなにやらパクパクしています。メジナ玉って言っていいですか笑 あまり、ありがたみはないですかね・・・。

IMG_3158

ところで、今日のしょうたは午後は加藤さんチームのうしろについてナズマドへ行きましたが、午前中は体験ダイビングで八重根へ。夏の八重根はそこら中にアオウミガメがいて探す手間がありません。とても元気な女性が二人遊びにいらしてくださいました。

IMG_8643

 

怒涛の1週間でしたがHOTけNIGHT!も何とか成功のうちに終わり、ホッと一息。今日は久しぶりにゆっくりとした夜を過ごそうと思います。

 

 

しょうた

天気 晴れ
風向き 南西の風 1~3
最高気温 25.8℃ 最低気温 20.0℃
注意報/警報 なし
透明度 30m~
水 温 26℃
服 装 5mmスーツ・6半
日中は温かい日が多くなりましたが、雨の日などときに肌寒い日もまだあります。1枚薄手の長袖があるといいです。


八丈の夜はHOTけNIGHT!最終日はイトヒキアジであとくされなく

イベント3日目。これまでの調査で、条件が全く好ましくない状況でも何かしらヒットが出ていたHOTけNIGHT!ですから、このイベント3日間は条件が良く大フィーバーに沸き立つはずでした。ところがこの2日間は大した成果もあげられず、条件がよくない日とさほど変わらない出現率・・・さすがに今日は外せませんでした。失敗は許されない、そのプレッシャーで今日は一日右往左往してました。ポイントは、あっちにしよう、こっちにしよう。ライト設置はここ、いやあそこ。結局決まったのはエントリー予定時刻の直前。

その読みが、見事的中した結果となりました。

開始10分でこんなのが出て、

P6220498

 

幻想的な長いヒレに見つけた瞬間に発狂。持っていたライトをこれでもかと振り回し、今夜のHOTけNIGHT!は閉店がらがら。となりそうでした笑

しばらく放心していましたが、ふと冷静になって考えるとイトヒキアジなんていきなり出ちゃったからには、次はトビウオしかないでしょ。と一人表層に陣取り探し回ること10分。

今度はこれ。小指サイズのハナオコゼ。1cmくらいしかなかったでしょ。こんなに小さいの初めてみました。

P6220549

 

その間、僕はゲストほったらかしで、彼女たちはどうしていたかというとパッショーネとコンカラーのゲストと一緒に交じらせてトリクチス幼生やらスズメダイ科の稚魚たちを撮らせてもらっていたようです笑

タコに、

P6221270

 

イカ。

P6221280

 

え~僕イトヒキアジとハナオコゼ以外どれも見てない!!!笑

 

チームプレーが呼んだ最終日の大成功でした。その成果も照明機材を提供してくださったINONさまとエーオーアイジャパンさまのおかげです。

INONライトの超挟角ビームライト勢がものっすごく遠くから呼び込んだ稚魚たちを、RGBlueの広角型高色温度ライトで1か所に集めた視界を覆い尽くすほどのプランクトンで留まらせる。ライトも見事な連携でHOTけNIGHT!を盛り上げてくれました。

 

とりあえずお試しで1回参加してみたゲスト2人は、終わってみればなんと全日程に参加。今までにしたことのないダイビングスタイルに、すっかりはまってしまったようで誘った僕としては感無量です。

 

1度でいいから参加してほしいHOTけNIGHT!