巨大ヒレナガカンパチの襲来

今日は一日天気がよく、週末にお越しいただいたゲストの器材がよく乾きました。
そんな中、僕はひとり事務所に残って「HOTけNIGHT!」の準備に追われていました。

風はゆるく海況がよいので、加藤さんとみさんはニタリを撮りに行くぞ~!っと張り切ってナズマドへ。

浅場では、水温が高くて透明度がよくなっていたので黒潮の影響かな~というところ。海の青さは陸上から覗くだけで分かるほどなので、黒潮のすごさに驚かされます。ただ、ちょっと深くいくと冷たくてニゴニゴしていたそう。ここ数日はニタリやハンマーの目撃例が多く、日ごとに行ったり来たりする黒潮に一喜一憂している状態です。

 

黒潮から外れればニタリが見られ、中に入ればハンマーが見られる。
しばらくは大物フィーバーが続きそうな八丈の海です。

 

ところで、ニタリを狙いに行った2人は超巨大ヒレナガカンパチの大群に襲われていたようです。

群れの中に2匹、とてつもなくデカい個体がいて、2人してマグロが混泳している!と驚いたみたい笑

DSC_0058

44 Nikon D80

 

コンペイトウウミウシ。なんか変なカタチ~

P6150037

み tg3

 

ヨゴレヘビギンポが浅場で産卵

P6150069

み tg3

 

しょうた

天気 晴れ
風向き 南西の風 3
最高気温 26.9℃ 最低気温 20.4℃
注意報/警報 濃霧 注意報
透明度 -m
水 温 20℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です


ライトトラップ報告6/14

昨夜(6/14)に行ったライトトラップの報告です。

ここ連日は、潮回りなどの条件が悪いにも関わらずヒラメやウツボの幼生が出没し、八丈のポテンシャルの高さをまじまじと見せつけられました。

今回も正体不明の稚魚を発見しています。

DSC_0036

とーっても小さいんですが、肉眼でも顎の形が奇妙なことが分かりました。これはかわいいというより不気味といったほうがいいかも笑 ハダカイワシの仲間かな。

DSC_0049

上2つは同一個体。ストロボの反射で目元が魚らしくない感じになってます。

そして、やけに黄色いひれの子供たちをたくさん発見しました。

 

ハタンポの仲間

DSC_0007

普段からよく見かけるものですが、暗闇に輝く黄色いひれがとっても目についてきれいなんです。ミクロサイズのちいさいのはさすがに撮るのに苦労しますが、この子は3cmくらいで撮りやすかったです。

 

タコの子供もいました。まるまるっとしててかわいらしかったです。

DSC_0066

エビフォルムのこども。ライトを照らすと目が不気味に輝いてかっこいい。

DSC_00212

 

 

普段見る機会のない、魚の稚魚たちがたくさん見られるダイビングの新しいスタイル。これまで参加してくれたゲストは、みな口々にこんなダイビングしたことない!と喜んでくれています。ライトトラップやるようになってよかった~!

DSC_0075

スズメダイの稚魚

 

今週末6月20日~22日は「八丈の夜はHOTけNIGHT!」がお試し開催されます。協賛企業の有限会社イノンさん、株式会社エーオーアイジャパンさん(RGBLUE)からライトを複数本提供してもらい、魅惑のライトトラップを決行。この3日間は潮回りがよく、今まで見たことのないものが出そうな予感がぷんぷんです。八丈のナイトダイビングが大きく動き始めた今、その目撃者となりませんか。今週末です、ご予約お待ちしています。

詳細はこちらをクリック!!!

 

しょうた (Nikon D80, 60mmマクロ)

 

天気 雨
風向き 南西の風 1~2
最高気温 24.0℃ 最低気温 20.1℃
注意報/警報 濃霧 注意報
透明度 -m
水 温 20℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です


幽霊じゃないよヒラメの幼生

ついに八丈島でライトトラップが始まりました。魅惑の浮遊系ダイビングをあなたも体験してみませんか。

「八丈の夜はHOTけNIGHT!」

まずは6/20~23の3日限定で開催!

詳細はこちらをクリック!

 

 

一日中、すっごく晴れました。

晴れたから、島中とってもにぎやかで、活気があふれていました。

晴れたから、つまり飛行機が来たからです!笑

昼前にはなんと28.9度もの最高気温を記録して今年一番の暑さでした。

 

 

今日は終始ナズマドが潜水可能だったので、近頃なんども目撃しているニタリを狙いに2本。加藤さんチームは見事巨大なニタリを当てたそうです。

IMG_2876

キホシスズメダイが集団で産卵していて、周囲が白濁とするほどの放精が確認できました。ってことはですよ、これからもしかしてユウゼン玉の期待が高まってくるかもしれません。

楽しみなことがいっぱいだな~

 

 

そしてニタリをみて満足した一行は、3本目には八重根を選択。

間近でアオリイカの産卵を観察して八丈を満喫しました。

DSC05454

水玉カエルアンコウちゃんはちょっと大きくなってきたかな?

DSC05483

Photos by IMAMON, RX-100 M2

 

 

 

話題沸騰中!?の八丈島ライトトラップ。

今夜もパッショーネとコンカラーと一緒に開催です。

条件は全く期待できないはずだったのに、だったのに。

DSC06561

Photo by MASA, RX-100 M3

 

実際に見てない人が写真で見てもちょっとわかりづらいと思いますが、これなんとヒラメの幼生。薄くて、透明でライトに照らされてとってもきれいでした。

ウツボやアナゴのレプトケファレス幼生も見られたようで、条件に関係なくものすごいポテンシャルを感じさせられる八丈のライトトラップでした。

 

 

しょうた

 

天気 雨
風向き 南西の風 1~2
最高気温 28.9℃ 最低気温 21.4℃
注意報/警報 濃霧 注意報
透明度 10m
水 温 19℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です


フォト講座最終日はヨレヨレ詐欺にかかりました

ついに八丈島でライトトラップが始まりました。魅惑の浮遊系ダイビングをぜひあなたも体験してみませんか。八丈の夜はHOTけNIGHT! まずは6/20~23の3日限定で開催!

詳細はこちらをクリック!

 

 

 

一日中じっとりとしていた八丈島。

空気中の水分が重々しく肺につまります。そのような状況で空は一面霧に包まれていました。飛行機は全便欠航してしまったそうです。

こんなにじめじめな日なのに、しょうたは一日中陸で原稿の締め切りに追われていました。なんとか終わらせることができたので、今夜もライトトラップに行ってきます。

 

ゲストはフォト講座4日目になりました。

今日はみさんのマンツーガイド。ワイドレンズで八重根、マクロレンズで底土と2本でした。

ワイドのコツは「とにかく寄ること」でしたが、ここまで寄って撮った写真は今まで見たことがない!てか寄りすぎ!!!!フィッシュアイのポートにくっついているんじゃないの?ノートリですよこれ。ここまで寄って撮った写真をレグルス用語でヨレヨレ詐欺といいます。用法は、寄りすぎちゃってすみませんってやつ。

IMG_0042-(2)

白い真ん丸なカンザシにちょこんとワレカラ。めっちゃかわいいよこれ!

IMG_0042

キビレヘビギンポ

IMG_0040

ヒメテグリ。いつのまにかこんなにおっきくなってる。今年は産卵を見に行きたいな~

IMG_0016

おめめくりくりカニ

IMG_0070

photos by Takayuki Matsushima (Canon D7)

4日間ありがとうございました!これからもいっぱい素敵な写真を撮ってください!

 

 

 

明日からの週末はゲストがたくさん来店です。天気は上々でいい感じ♪

 

 

しょうた

 

天気 雨
風向き 南西の風 4
最高気温 23.2℃ 最低気温 21.3℃
注意報/警報 濃霧 注意報
透明度 20m
水 温 15℃~20℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です


ニタリ3本+1本、おまけにヒメイトマキエイ登場!

Matsushimaさんの八丈島合宿4日目!
今日は、あまりにもニタリ情報が出回っているので、フォト講座は一時小休止。
とりあえずニタリ見ましょー!! 撮れたらラッキーってことで!!
と、カメラをニタリ用の設定にしておいて、午前中2本、いさんで沖へ出かけました。
写真は撮れなかったけど、ばっちり2本とも遭遇。
1本目にはヒメイトマキエイまで飛んできて、ナズマドのポテンシャルの高さを思い知らされました。
ニタリを見た後は、その帰りにぐっちゃり群れているキンギョハナダイたちやユウゼンたちを相手にワイド撮影のトレーニング。
フォト講座も4日目ともなると、上達ぶりが目に見えます。

撮影している様子も落ち着いた感じで、サカナ達にぐっと近づいています。

611_0173

611_0048-2

611_0018

ワイドで楽しんだあとの3本目は、八重根でじっくりマクロ・モード。
やっとベラの幼魚も可愛いのが出てきましたよ~。
こういうのが、どんどん増えてくると、マクロ派もテンション上がりますね!

611_0350

photos by Takayuki Matsushima (Canon 7D)

八丈合宿の最終日はボートの予定です。
ワイド撮影トレーニングの集大成、どんな作品ができるか楽しみです♪

天気 晴れのち雨
風向き 南西の風 1~2
最高気温 23.3℃ 最低気温 17.9℃
注意報/警報 雷・濃霧 注意報
透明度 20m
水 温 16℃~20℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です。


3日目はワイドでモデル撮影

今日はフォト講座3日目。

ナズマドが潜水可能だったので、今日のレンズはワイドです。

キホシスズメの群れがうっじゃり。フィッシュアイじゃないとここまで群れを入れ込むのは難しいですね~。うらやましいっ!

IMG_0296

ナズマドの魚影の濃さは相変わらず。根のカラフルな側面とキンギョハナダイのオレンジがとっても美しい1枚です。

IMG_0178

 

ワイドの撮り方もだいぶ習得してきたので、上級編でモデルを使った撮影です。

ユウゼンと加藤さん

IMG_0147

 

明確なイメージをもち、もっと上!右!右!と適格な指示が飛び交ったこの写真。キンギョ群れに包まれたしょうた、かっくい~!

 

IMG_0278

 

しょうたとイソバナ。壮大だっ!!!

IMG_0182

photos by Takayuki Matsushima (Canon 7D)

 

明日も海況がよさそうなので、ワイドにマクロどっちを選択すればいいんだ!迷っちゃうねっ!

 

しょうた

天気 くもり ときどき あめ
風向き 南よりの風 1~3
最高気温 25.0℃ 最低気温 18.7℃
注意報/警報 濃霧 注意報
透明度 20m
水 温 19℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です。


マクロはアングルが命!

今日は朝からぱっとしない天気。夕方は台風かと勘違いしそうなほどの豪雨でした。44のフォト講座を受講中のゲストは、太陽が出ていないのでレンズをマクロに変えました。南西の風が強かったのでポイントは底土です。

アマミスズメダイをふわっとかわいく

IMG_0058

パイナップルウミウシがまるっこい海藻の上にいて、雰囲気いい!

IMG_0194

ウイッシュ!って声が聞こえてきそう・・・

 

IMG_0078

この写真にはおどろいた!!!ちょういい写真!今すぐまねしたいと思います笑

IMG_0255

photos by Takayuki Matsushimaさん ( Canon D7)

 

マクロを撮るときはアングルに気を付けて、被写体の表情がでるようにしましょう!明日は天候、海況に合わせて臨機応変にレンズを交換して、フォト講座の続きです!

 

 

そして今夜もまたライトトラップ!と行きたいところですが、今後の活動方針を決定するための決起集会に行ってきます。パッショーネとコンカラーとレグルスで、どんどんライトトラップを盛り上げていきます!

 

しょうた

天気 くもり のち おおあめ
風向き 南西の風 5
最高気温 23.0℃ 最低気温 20.2℃
注意報/警報 強風・波浪・雷・濃霧 注意報
透明度 20m
水 温 ~20℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です。


ワイドのこつは寄るべし!

今日は週末一緒にライトトラップで熱狂したゲストがおかえりになりました。これから盛り上がる予感しかない八丈のナイト。その産声を聞いた2人に感謝します。

ゲスト入れ替わりの今日はナズマドが一日中、南潮が激しくながれていました。一度離れかけていた黒潮が再び接岸したのでしょう、午前中は濁りがあった海も、次第に透明度が回復、午後はきれいな海でした。また、今日もライトトラップをやりに行ったときはぬるま湯につかっていると勘違いしそうなほど温かい水が戻っていました。

今日は加藤さんのフォト講座を受講希望のゲストが来店。

八重根に2本潜って、アオリイカの産卵とクマノミ、アーチなどワイド練習にもってこいの被写体をチョイスして撮影してきたようです。

 

アオウミガメはどあっぷで撮ると迫力あります。

IMG_0085

目の前で見るアオリイカは感動的。

IMG_0161

 

3本目の八重根は僕と。ハナミノカサゴが2匹並んで泳いでいてかわいかった~。

IMG_0179

photos by Takayuki Matsushima (Canon 7D)

明日は残念ながら天候がよくない上に、風が南西なので底土でマクロを狙いたいところです。キンチャクガニとかね!

 

 

しょうた

天気 くもり
風向き 西よりの風 2~5
最高気温 22.8℃ 最低気温 17.2℃
注意報/警報 なし
透明度 20m
水 温 ~20℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です。


八丈島ライトトラップの夜明け

今夜、八丈島のダイビング史上で最も劇的で最も重大な変化が起きました。

コンカラー、パッショーネ、そしてレグルスの3ショップが合同でライトトラップを開催。

店中からライトをかき集めて大集結しました。

今日、歴史が動いたんです。これから八丈島のナイトが変わります。

 

その一番の成果はこれだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

DSC_1493ドーーーーーーん!トビウオきたーーーーー!!!

そして、

 

ばーーーーーーーーん!!!

DSC_1463トリクチス幼生きたーーーーーーーーーーーー!!!

この鎧兜をかぶったような魚、シラコダイの稚魚なんです!!!

実はライトトラップを行っている狙いはこいつにありました。それがいきなり見られるなんて、マジでやばい。これからどうなっちゃうの八丈島!?って感じ。

 

正体不明のスケルトンな幼魚もたくさん!泳ぎまわっていました。

DSC_1431

そしてついにきた!イカ! 体を真っ二つに追って漂うイカでした。

DSC_1473

昨日もライトトラップに参加してくれたきんすけさん(D810)でした!写真本当にありがとうございます。大興奮間違いなしでしょ、これ!ねえ!

 

昨日のオオタルマワシに触発されたMDCさん(KISS X7)は今夜初参戦。

そして時代の動きを肌で感じてもらいました。

昨日もいた、ニザダイの幼魚。脳が見える・・・

IMG_7436

これは、もしかしてソウシハギ!!!!?

IMG_7509

目が黄色の、これはテンジクダイかな。

IMG_7392

そして、トビウオのよーーーーぎょーーー!!!!!何回か前にやったときに青白く光るトビウオらしきものを見ていたんですが、今日確信を持ちました。あの時のあれはトビウオの幼魚でした!もう、どうしよう、感動!!!

IMG_7521

 

 

決定的な夜を共有できた2人のゲストと、3人のガイドに感謝します。

八丈でのライトトラップ、まだまだ調査を続けていきます!

 

 

いや~楽しかった!

しょうた


八丈初記録のオオタルマワシ!

[問題]

1、煮たり

2、焼いたり

3、炒めたり

レグルスが見たものはなんでしょう。

 

 

答えは、そう!ニタリ!しかも2匹です。

今日は東北東の風が吹き、西側のポイントが潜水可能になりました。

加藤さんチームは、ナズマドへ行ってニタリを見て、

八重根に行ってはアオリイカの産卵ショーを見てきたそうです。

今日のアオリは、産卵に夢中で手の届く距離まで近づけたよう。すご~い!

僕は八重根の浅場でM441さんと(Canon S90)一転集中マクロダイブをしてきました。狙いはこいつ、ヨコエビの仲間です。

IMG_0544

今までこのヨコエビは誰かが言い出したことをきっかけに「タルマワシ」と呼ばれていました。

しかし、今日。いや昨日。ついに!僕!本物のタルマワシを見てしまったんです!!おおおおおおおお!オオタルマワシ!!!!

DSC_1269

phot by きんすけさん(D810)

 

どうっすか!やばくないっすか!このエイリアン具合。地球人を食い尽くすために飛来してきた感。ああ、破滅させてほしい!タルマワシがまとう”樽”に偽タルマワシがついているのもやばい。お前は宇宙人が操る手先だったのか!!!!てか。

 

 

昨晩のライトトラップは大成功に終わりました。始めはテンジクダイの仲間やクロユリハゼの仲間、ヒメスズメダイ、ニザダイのスケルトン幼魚を見て、ヤリイカがつっこんできて、とそれだけで内容が濃かったんですが。突然水面を覆い尽くすうん万匹のクリイロカメガイが流れ着いてきて、その直後!ライトを照らすと虹色の怪しい光に反射する名前の不明な各種サルパ(というよくわからない透明な袋の形をした生き物)をわんさか発見!そしてこのオオタルマワシがたっくさん集まりました。

ゲストのきんすけさんと二人で大騒ぎ。僕、テンパりすぎて、いったい何から撮ってもらえばいいのか分からなくなっちゃって、「どうすんの、やばいよ、なにこれ」としか言ってなかった(笑)

昨晩は興奮で寝られず、今朝も日が昇る前から目が覚めてしまいました。興奮冷めやらぬまま、今夜もライト仕掛けてきます!!!

 

しょうた

天気 晴れ
風向き 西よりの風 2~5
最高気温 22.8℃ 最低気温 17.2℃
注意報/警報 なし
透明度 20m
水 温 ~20℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
朝晩は冷え込むので、一枚羽織るものが必要です。