リチャード外した~!!!

今日のしょうたチームは、昨日の段階でボートへ行くことが決まっておりました。
朝起きて、加藤さんにピグミーの居場所を聞いて気合十分。
ポイントの局長浜についたら真っ先に目的の場所へすっとんでいきました。

あ~、これね。このうちわね。
自信を持ってウミウチワを発見し、探し始めること。。。20分。
いない、、、、結局減圧ぎりぎりまで探したものの見つけることができませんでした。

意気消沈してお店にかえってくると、
加藤さんが「やりい、見つけられないと思った」とにこにこ笑っていました。
今日は一日中、お客さんに店内で「あ、ここにピグミー。ここにもピグミー。」と
ことあるごとに弄られつづけました。とほほ。

一方、親方と「み」チームはナズマドへ。
一時激流になっている時間帯もありましたが、うまい具合に潜っている間は潮なし。
抜群の透明度に回遊魚祭りも始まりだして、もう最高の状態です。文句のつけようがありません。

まずはアビスチームから禁断の写真を。
団体様チームのリーダー、しほちゃんから頂きました。
リクエストは受け付けていません。よっぽどの条件が揃わないと出かけられない秘密の花園です。
IMG_7247

もちろんそこには、お約束のキビレ玉。いつもよりも盛大にはじけています。
これもリクエストしないでくださいね。
IMG_7222

南西の風が吹いているおかげで、こんなプレゼントも届きましたよ。
ウミウシ好きにはたまらない、アオミノウミウシのちびちゃんです。
IMG_7378

こちらは八丈島の最高の光景。
至福のひと時ですね。写真は昨日に引き続いてよし牛さんから頂きました。
P8020315

天気  晴れ
風向き 南西よりの風 1~2
最高気温 32.8℃ 最低気温 25.4℃
注意報/警報 なし
透明度 30m~
水 温 28~29℃
服 装 3mm、5mmワンピース
晴れの日は猛暑です。熱中症対策が必要です。
帽子やサングラス、日焼け止めをご持参ください。
こまめに水分補給をしてください。


ベテランダイバーがはまるHOTけNIHGT!

何百本も潜ったダイバーでも、むしろだからこそ面白いHOTけNIGHT!
普段見ることができない浮遊期の透明な稚魚たち。
シコクスズメダイは知っているけど、透明なものは初めて。
カエルウオも、カニもクラゲも浮遊していて、「もうわけがわからない」と
今夜のHOTけNIHGT!に参加してくださったゲストが興奮の面持ちでおっしゃていました。
カメラをお持ちでなくたって、楽しめちゃう。

だって、こんなの出ちゃうんだもん。
IMG_9340

そういえば、8月になりました。
3日からはついに、HOTけNIGHT! in SUMMERが開催されます。
この期間に参加できそうもない、と嘆いていらっしゃる方へ。
朗報です。
9月、10月のHOTけNIGHT!週間が公表できる運びとなりました!
9月は「八丈の夏はまだまだ終わらNIGHT!」と銘打って4~16日。
10月は「秋の夜長にHOTけNIGHT!」3~16日です。

HPの情報も更新しています。
ぜひ、この機会に魅惑のナイトダイビングの全容を目撃せよ!


真夏の方程式

一体、何なのでしょう! この暑さ!!
真夏の方程式、全く解けそうにありません、むしろ溶けちゃいますっ。
めったに30度にならないはずの八丈島が、31・9℃まで上がり、水温も28℃。どこでほてった身体を冷やしたら良いのっ?

今週末は、群馬からFlipper の皆さんがご来島。水温の高さと抜群の透明度にビックリされていました。
ガイドから遠く離れて思いっきりカメを追いかけたって、迷子になる心配はありません。ついつい張り切って、エキジットした後ちょっとお疲れ気味。でも、レグルスのテラスで風に吹かれてお昼寝すると、気持ち良いんですよね~。
Flipperの皆さんは、明日は観光&お帰りの予定です。
遠方からおいでくださり、ありがとうございました。来年、また遊びにおいでくださいね。

P7310579

そして、レグルスゲストの中で最もパワフルな団体様、チームよし牛様9名もご来島。
今日はボートチーム、ビーチチームの2手に分かれて潜り倒して頂きました。
写真は、代表のよし牛さんから。ご自分のカメラが修理・入院中のため、今回は慣れないTG-3の作品です。
よくわかんない…と言いながらも、ちゃんとバッチリ撮れてますよ~。

今、いろんなダイビングボートがひっきりなしに垂土へ行っています。
もちろん、お目当てはこちら。ナズマドが凪てたって行っちゃうんですから、ものすごい集客力ですよ。
P8010113

局長でリチャードと呼ばれているピグミーも、行列ができています。
同じポイントでハナヒゲも見れちゃうんですから、お得なポイントだわ。
P8010018

極めつけはこちら!! マンボウの幼魚ですって。
ダイビングボートの船長さんが釣り上げたサカナの胃袋から出てきたんですって。
水中で見たかったー!!
P8010079

明日も、ボート、ビーチに分かれて、撮りまくりますよ!!
ネタがいっぱいあり過ぎて大変だ~。

天気  晴れ
風向き 南よりの風 1~2
最高気温 31.9℃ 最低気温 25.4℃
注意報/警報 なし
透明度 30m~
水 温 28~29℃
服 装 3mm、5mmワンピース
晴れの日は猛暑です。熱中症対策が必要です。
帽子やサングラス、日焼け止めをご持参ください。
こまめに水分補給をしてください。


ブルームーンとHOTけNIGHT!

今夜は1か月の間に2回も満月の日がある珍しい月です。
この2回の満月をブルームーンというそうで、とってもロマンチック。
そんな夜にHOTけNIGHT!してきました。

全体的に月の明るさに苦戦した1本でしたが、
出物としては、エントリー直後にコモンクダリボウズギスが出て大興奮。
エクジット直前にも出ていい感じに締めくくってくれました。

ミノカサゴの仲間に擬態しているといわれる所以の、美しい胸鰭が暗闇に輝きます。
DSC_03452

他に、ヒレの黄色いテンジクダイの仲間が数匹出ました。
R00134732

ハゼの仲間もうろうろしていたけど、これもクロユリハゼ科かな。
R00134442

その場でぐるぐるぐるぐる、気が狂ったように泳いでいたアジの仲間。
目撃した誰もが驚きながらも、吹き出して笑ったでしょう。
IMG_70192

驚いたのは、このエビの幼生がたくさん見られたこと。
こんなにも触覚が長いのは、これまでのHOTけNIGHT!で見たことがありません。
というか撮れたことがありませんでした。
IMG_69582

今夜も新たなHOTけNIGHTERが4人も誕生しました。
参加されたみなさま、ありがとうございました。
ほんと、みんなコンデジでよく撮れます。初めての参加なのに、すごいな~。

以上、しょうたでした。

天気  晴れ
風向き 南西の風 1~2
最高気温 30.8℃ 最低気温 23.9℃
注意報/警報 なし
透明度 30m~
水 温 25~28℃
服 装 3mm、5mmワンピース
晴れの日は熱中症対策が必要です。
帽子やサングラス、日焼け止めをご持参ください。
こまめに水分補給をしてください。


満月の夜もHOTけNIGHT!

今夜は満月。
ですが他店がHOTけNIHGT!するということで、それに混じって遊んできました。
さすがに自然の明るさには大光量のライトも太刀打ちできないか・・・
と心配していた通り、危うくHOTじゃない夜になるところでした。
しかし、ラストにかけてスパートが半端なかった。
いうなれば、ロスタイムにハットトリックを決めた、そんな盛り上がり方でした。

口火を切ったのは、ニザダイ科の幼魚。
はいはい、いつものニザダイね、なんてたかをくくって
ゲストがみんな集まるのをぼーっと見ていただけ。
そしたら、なんとそれが着底して、ゴマテングハギモドキらしいということが判明。
ニザダイ科、と一括りにせずちゃんと見に行けばよかった・・・。
以前体高が低いニザダイ科もいて、もしかしたらあれも違うものだったのかも。

その後、コモンクダリボウズギスの稚魚が2匹出没し、
オトヒメエビの幼生に、テンスの仲間の稚魚も。
このテンス、これこの前オーシャントライブさんがいらした時に、頭からツノが映えているカレイかヒラメの稚魚かも!?と言っていたやつです。
その時は小さすぎて肉眼では見えず、残念ながら写真に収めることもできなかったため
期待を込めてそういっていたんですが、
今回撮られた写真でみると、明らかにテンスぽい顔つきと背びれをしていました。
緑色の背びれがとっても美しい稚魚です。

みんなが盛り上がっているのを尻目に、
僕はひとりあっちこっちへ飛び回り
一人さびしく、いつもと違うエソの仲間を発見して興奮していました。
ベテランHOTけNIGHTERともなると、
コモンクダリボウズギスなんかには目もくれないんだもん。
べつに、撮りたくなんかないもん。。

DSC_0010

しょうた

※HOTけNIGHT!で使用している集魚用ライトは
INONさんとエーオーアイー・ジャパンさんからの提供です。


久しぶりのナズマド、ユウゼン軍団にニタリ、水面ではイルカの群れ

ナズマド行ってきた~!!!!
南西の風ですが、しごく穏やかなため昨日に引き続き島内全域が凪。
ナターニ(マダラハナダイ)が出没した垂土にダイビングボートが浮かんでいたので、
ボートダイビングしているショップもあったようです。
でもでも、今日は西側も凪!
ほとんどのダイバーが八重根とナズマドに集まっていました。

ひさしぶりのナズマド・アーーーーーチ!
IMG_8317

いつの間にか、オヤビッチャが産卵をしていて、
夏の風物詩「卵をばくばく食べるユウゼン軍団」が見られるようになっていました。
しばらくは八丈のアイドル・ユウゼンのちょっと悪役な一面が見られます。
IMG_8240

ボートポイントもいいけど、やっぱりスーパービーチ・ナズマドも透明度抜群。
ビビットなキサンゴとナズマド・ブルーのコントラストが最高です。
IMG_8164

イソバナとキンギョも最強のコンビ。
IMG_8309

4日間の日程でボートポイントを潜り倒し、
最終日にはナズマドにも潜ることができたAZUSAさんです。
しかも今日は水面でイルカを見たり、水中でニタリを見たり、ナズマドを満喫できました。
毎日素敵な写真をいっぱい撮ってくださいました。
ありがとうございました!

しょうたは午後から体験ダイバーたちとアオウミガメいっぱいの八重根へ。
子ガメが根の上でゆっくりお休み中だったので、一緒に記念撮影。
八丈の海を楽しんでいただきました。
お越しいただきありがとうございました!
IMG_9249

そして、これからHOTけNIGHT!へ行ってきます!
以上、しょうた(Canon S90)でした。

天気  晴れ
風向き 南西の風 1~2
最高気温 31.7℃ 最低気温 24.4℃
注意報/警報 なし
透明度 30m~
水 温 26~29℃
服 装 3mm、5mmワンピース
晴れの日は熱中症対策が必要です。
帽子やサングラス、日焼け止めをご持参ください。
こまめに水分補給をしてください。


マダラハナダイを撮りに行きました。

今日は暑かった!そして熱かった!
ゲスト1名にレグルスのガイドが3人ついて、午前中はボートへ!垂土へ!
といっても、僕とみさんはカメラを持って水深18mに奇跡的に出現した、発見した方の名前からナターニというあだ名がついたマダラハナダイを撮りに。
1本分ずっとレグルスの貸切で撮影してきました。
まずは昨日リベンジを決意したAZUSAさんがトライです。
といっても、このマダラハナダイはこちらが心配になるほど外に出てくるため撮り放題です。
20分の激闘の末、見事リベンジを果たしました。

IMG_8167

台風の影響で長いこと時化ていた西側も、ようやく、ようやくうねりが収まり
今日は八重根もナズマドも潜水可能でした。
連日のボートで大いに盛り上がった八丈島でしたが、
明日からしばらくはスーパービーチ・ナズマドへ行けそうです。

AZUSAさんはというと、カメを撮ることが2つ目の目標だったので
午後の1本はカメがあふれる八重根へ行きました。

そして、素敵なカメさんを撮影!
IMG_8081

八重根ですから、ワイドといったらアーチです。
加藤さんがモデル。
IMG_8151

夏らしく、クロメガネスズメダイの幼魚もいたようです。
IMG_8269

午前中遊んだ僕とみさんは、午後は体験ダイビングで大暴れしてきました。
たくさんのカメが食事中で参加された方全員が感動していたようです。
IMG_9174

そして、今日はビッグニュースがあります!
写真家の阿部秀樹さんが、8/17-23にレグルスに遊びに来てくれます!!!
うううううおおおおおお!!!!!
しかも、可能な限り夜潜るとのこと。
ひゃーーーーーーーーーー!!!!!!
更には、聞いたこともないような超・大光量のライトを持参してくれるそうです。
「阿部秀樹 meets HOTけNIGHT!」
うふふふふ。この響きだけで白米がすすみます。

阿部秀樹さんにお会いしたい方、8/17-23ですよ!
来ても、僕が独り占めしますけどっ!笑

以上、しょうた(Canon S90)でした。

天気  晴れ
風向き 南西の風 1~2
最高気温 32.1℃ 最低気温 25.4℃
注意報/警報 なし
透明度 30m~
水 温 28~29℃
服 装 3mm、5mmワンピース
晴れの日は熱中症対策が必要です。
帽子やサングラス、日焼け止めをご持参ください。
こまめに水分補給をしてください。


局長のリチャード、垂土のマダラ

今日のファンダイビングチームは、今の八丈ボートポイントで最も熱い局長と垂土へ。
局長ヶ浜にはリチャード(というあだ名のピグミー)、垂土にはマダラハナダイがいます。
垂土のマダラハナダイには、ゲストほったらかしのガイドや、
ゲストなしのガイドが写真を撮りに集結していたそうです。
みんなずるいよな~、水深60m以深に生息するドンぶか生物が
驚異の20mに出現したんだから、
ガイドも血眼になって撮りにくるほどの衝撃だったわけです。

ゲストフォトは、昨日に続きAzusaさんからワイド写真をいただきました。
IMG_8033

IMG_7947
かっこいい写真をありがとうございます。
明日もマダラハナダイ見に行きましょう!
僕も後ろについていきます♡

みんながボートで潜っている頃、僕は底土へ。
八丈初めてのご家族と体験ダイビングをしてきました。
中学1年生の息子さんは、カラフルなヤマブキベラや大きなハマフエフキを見つけるたびに指を差して大興奮。
ゴンズイの子供たちには特に興味深々で、捕まりそうでつかめないところがまた面白そうでした。
IMG_9150

昨日写真データを失って泣いていたら、
優しい真奈美さんがなんと、写真を送ってくださったんです。
そのおかげで一昨日のHOTけNIGHT!で撮った、
パチンコ玉サイズのフグ稚魚を奇跡的に捉えた1枚をご紹介することができます!!!
hugu20150726

突如として出現するようになったクダリボウズギス属の仲間も見事コンデジで!
模索中のHOTけNIGHT!でのコンデジ撮影ですが、真奈美さんのおかげである程度設定の仕方が固まってきました。
kudaribouzugisu20150726

ほんと、データが見当たらないときはどうして!と現実を疑いましたが
こうして写真を載せることができて感激。
この日はゲスト2人と僕のたった3人では、さばききれないほどの生き物が集まってきて大興奮だったので、その興奮の証拠が残ってうれしいです!
真奈美さん、ありがとうございました。

以上、しょうた(Canon S90)でした。

天気  晴れ
風向き 西南西の風 4
最高気温 30.1℃ 最低気温 25.8℃
注意報/警報 なし
透明度 30m~
水 温 28~29℃
服 装 3mm、5mmワンピース
晴れの日は熱中症対策が必要です。
帽子やサングラス、日焼け止めをご持参ください。
こまめに水分補給をしてください。


昨夜のHOTけNIGHT!と、今日は海洋実習もボートへ!

今日もファンダイビングチームは東側ボートへ。
講習チームは、底土3本!といきたいところだったんですが、
運悪く工事船がドンドンガンガンやっており、広範囲が潜水禁止となっていました。
底土の浅場でじっくりとスキルをクリアしたあとで、
1本だけボートダイビングにいってきました。
工事の影響で白く濁りがちな底土と違い、ボートポイントは透視度が歴然と違います。
キビナゴの大群に突っ込むヒレナガカンパチの子供たちや、
あちこちで見つかるアオウミガメ、八丈ブルーとキンギョハナダイ。
これぞ海!というものを満喫しながら中性浮力の練習です。
本日学科の試験も終えて、見事親子ダイバーが誕生しました!
おめでとうございます!

今日はレグルスゲストの皆様より写真をいただいております。
まずは、昨夜のHOTけNIGHT!に参加してくださったゲストさまより。

ハクセンスズメダイ
hakusenDSC05886

見つけるとすぐに着底してしまった、カサゴ科の仲間。
普段見るイソカサゴの稚魚は1cm程度のものが多いのですが
こやつは4cmと大きめで、スケルトンぽさがよくわかりました。
kasagoDSCF2704

そして、フグの稚魚を真正面から激写!クダリボウズギス属の稚魚も出現!
といきたいところだったんですが、お昼にもらったはずの写真ファイルが海から帰ってくると見つからない!!!!?どーーーーして!!!
昨夜のHOTけNIGHT!は、尋常じゃないほどにアミが集まり、
アンドンクラゲの仲間も異様なほど出現。
ゲスト2人と僕の目だけではすべてを把握しきれないほどの出物があったのですが
その中でも特にヒットだった2匹、コンデジで見事に撮影できたのに・・・
無念すぎて血が出ます。

昼間撮られた写真は問題なく残っていました!
一夜にして話題の中心に躍り出たマダラハナダイ。
何がすごいって普段60m以深の深場に生息するものが、なんと20mに出現したこと。
この価値を知っているダイバーは今すぐにでも八丈に来ようと、血走っているはず笑
僕も、機会があれば見に行きたいんだけどな~
madarahanadaiDSC05701

そして、チラホラ話に出てくるのがハナゴンベ。
何匹か目撃例があります。
hanagonbeDSC05761

以上、本日おかえりの裕之さん、真奈美さんでした。
たくさんの素敵な写真ありがとうございました。
フグとクダリボウズギス・・・・・ううう。。。すみません。

到着のAZUSAさんは、ボート2本でアオズミとメットウアサネへ。
ワイドとマクロの二刀流で、八丈ブルーとツバメウオ
IMG_7893

異様な色彩のニライカサゴ
IMG_8009

日中だって浮遊系!?着底してるけど、アカエソと思われる稚魚
IMG_7947

きれいきれいしましょ、ユウゼン。
IMG_7864

イロブダイの極小幼魚も現れました。
IMG_7936

AZUSAさん、ありがとうございました。
八丈の海を満喫してください!!!!

しょうたでした。

天気  晴れ
風向き 西南西の風 4~5
最高気温 29.1℃ 最低気温 25.2℃
注意報/警報 なし
透明度 30m~
水 温 28~29℃
服 装 3mm、5mmワンピース
晴れの日は熱中症対策が必要です。
帽子やサングラス、日焼け止めをご持参ください。
こまめに水分補給をしてください。


マダラとピグミーとHOTけNIGHT!

連日の東側ボートで、沸き立つ八丈島。
毎日毎日ものすごいネタが見つかっているようですが、
最近注目を集めているのは、リチャードというあだ名で可愛がられているピグミーちゃん。

IMG_24512

そして、昨日八丈を震撼させたのは、なんとマダラハナダイ!

IMG_24132

今日のゲストフォトは、昨日からショップツアーでいらしている
東京都自由が丘のダイビングショップ「オーシャントライブ」御一行さまからいただいております。
上の2枚は、今回のツアーの引率者であり、僕の大学時代の先輩でもあるリューさんです。
昨晩のHOTけNIGHT!では
トリクチス幼生をゲストのフォーカスライトを添えて撮ってくれました。
HOTけNIGHT!で撮ってるのってどんな大きさなのって聞かれることが多いので
こういう写真があるとわかりやすくていいですね。さすが、僕の先輩は分かってらっしゃる。
IMG_23662

そして、オーシャントライブ・ゲストの皆様からは
昨晩のHOTけNIGHT!で撮られた写真をいただくことができました。
貴重なお写真どうもありがとうございます!!!
昨日のTODAYで報告した出物の一部をご紹介。

まずは、HOTけNIGHT!の様子を見事に捉えた1枚。大谷さんです。
INON社製LF800-Nが手前でいい感じにビームしています。
奥の、一際明るいのは、LF1400-Sの塊で、明るすぎて一つになっちゃってます。
IMG_09602

せーわさんからは、近頃姿がよく見られるようになった
シコクスズメだと思っているやつ。
IMG_02072

ミサコさんが撮ってくれた見たことない幼魚。
なんだこいつ!って思ったけど、
時折アゴの下から2本のおひげが出てくるので
ヒメジ科の幼魚だと思われます。
IMG_03212

昨晩は金色のモンガラカワハギ科が出た!と騒いでいましたが、
なんと着底後の姿を追いかけていたつわものがおりました。
そのおかげで、正体がタスキモンガラだということが発覚!!!
ジュンジさんすげーーーーーー。
DSCF97692

しょうたは、日中仲良し親子といっしょにオープンウォーター講習でした。
二人とも上手で、教えることあんまないんですよね。。。こまっちゃう。
そして昨晩の反響を聞いてか聞かずか、レグルスのゲストお二人が参加を決意!
今夜もHOTけNIGHT!へ出かけてきました。
お二人の写真は、日中のものも含め、明日もらいたいな♡という算段でございます。
今夜もすごく、クダリボウズギス属・フグ・カレイ・イソカサゴetc…の仲間たちが見られました。ライトに集まるアミの数が尋常ではなく、壁になっていて、アンドンクラゲとその仲間みたいなクラゲの数もHOTけNIGHT!史上ありえないほどの数でした。

通りすがりのナイトダイビングチームの面々が
暗闇に浮かび上がる異様な光景に呼び寄せられていました。
写真撮れたかな?

以上しょうたでした。
※HOTけNIGHT!で使用している集魚用ライトは
INONさんとエーオーアイジャパンさんから
無償でお借りしている大光量のライトを使っています。

天気  晴れ
風向き 西よりの風 5
最高気温 29.1℃ 最低気温 24.9℃
注意報/警報 なし
透明度 30m~
水 温 27~29℃
服 装 3mm、5mmワンピース
晴れの日は熱中症対策が必要です。
帽子やサングラス、日焼け止めをご持参ください。
こまめに水分補給をしてください。