ついに黒潮きた!

わおわお!
今日は八丈にようやく明るい雰囲気が広がりました。
というのも、ずっと低迷していた水温が、ついに20℃を超えていきなり22℃まで上がったんです。
透明度も改善されて20m近くなり、久しぶりに青い海でのダイビングをしました。

GW中は水が冷たかったせいかカメがほとんど見られなかったのに、
(透明度が悪くて見えなかっただけ?)
今日は水中にアオウミガメがいっぱい!カメたちも現金なやつだってことです笑
これで、ナズマドでいまにも餓死しそうだった子ガメも食欲を回復してくれると安心です。

また水温だけではなく、午前中のナズマドは尋常じゃないほど流れていて
潮の速さも黒潮の接近を感じられました。

GW中最後のゲスト、荻野さん(XZ-1)からたくさん写真を頂きました。
今日はマンツーマンだったので、加藤さんのフォト講座を突如開催。
アカネコモンウミウシは、奥行きを意識してかわいく撮影。

P5063293

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動きの速いセナキルリスズメダイも、

P5063185

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマミスズメダイの幼魚もばっちりピントを合わせて撮影!

P5063151

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと、トゲトサカを背中にくっつけたモクズショイを激写!
こんなの初めてみた~!!!ちょ~かっこいいい!!

P5063272

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日の水温と透明度が気になるところ。
どっぷり黒潮につかってくれるとい~な!
そろそろ青くて暖かい海に潜りたいぞっ。

天気 晴れ
風向き 北東の風 4
最高気温 21.5℃ 最低気温 15.8℃
注意報/警報 なし
透明度 15m
水 温 22℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
三寒四温、暖かい日と寒い日が交互に訪れます。
しっかり防寒しておいでください。


壁ユウゼンと、ムスメウシノシタの幼体

さすがの低気圧で、今日は海況が悪化。
入れないことはない、、、けど1本目は様子見て底土へ。
久しぶりの底土。三又アーチの下にはニザダイやミギマキなどが集まっていました。
アオギハゼがペア、キンチャクガニ、キスジカンテンウミウシ、
クチナシイロ、コンガスリなどなどマクロも面白かったです。

2本目はナズマドへ。
潮が止まっているのでユウゼンがいっぱい!
木下さん(OMD)がばっちり撮ってくれました。

P5051197

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西尾さん(D610)はオガサワラヒメホンヤドカリを激写!

_DSC2196

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荻野さん(XZ-1)はサキシマミノウミウシを
あれ、ツツムシが列をなしてる。。。

P5053032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3本目は八重根で
ムスメウシノシタの幼体を発見!
これを西尾さんが(D610)撮ってくれました。
着底したばかりで、体が透けていたんです。
内臓も、目玉も、ぐりぐりと見える~!

_DSC2317

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日もみなさまありがとうございます!

天気 くもり
風向き 南西の風 3 のち 北東の風 4
最高気温 21.5℃ 最低気温 17.6℃
注意報/警報 なし
透明度 ~10m
水 温 16℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
三寒四温、暖かい日と寒い日が交互に訪れます。
しっかり防寒しておいでください。


今日も壁ユウゼン

「低気圧くるよ、明日はもしかしたらダメかな~?
う~ん、きっと大丈夫でしょう。
早めに動いたらちゃっかりナズマド行けるよ!」
なんて昨日は楽観的に考えていたら、
ばっちり読みがあたって1日中ナズマドに入れちゃいました。

天候も悪いはずだったのに、まさか晴れるなんて。
おかげで今日も汗だくドライダイビングです。
といっても、日に日に水温が上がってきているので
黒潮接岸まで秒読み段階!!!
は~やくこい!くろしおこい!

2名のゲストから写真を頂きました。
ありがとうございます!!!

まずは西尾さん。カメラは610です。
ピンク色のかわいいカサゴの幼魚です。
なんの幼魚なのか調査中!

_DSC2039

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近学名がついたPhyllodesmium acanthorhinumの幼体。
加藤さん曰く5mmくらいで肉眼じゃ見えないよ!ですって。
雪が待っているような模様がとってもきれい!

_DSC2028

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、木下さん。カメラはOMD。

エントリー口付近の水面に群れているサッパの幼魚たち。

P5040993

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

潮が止まると壁ユウゼンが見られます。
太陽を入れるととっても素敵な写真に!

P5040956

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お二人とも、今日もありがとうございます!
明日はショップツアーの皆様がお帰りの日。
ちょっと静かになる店内ですが、まだまだGWは続きます。
明日も3人体制でがんばりま~す!

byしょうた

天気 晴れ
風向き 南西の風 3
最高気温 24.0℃ 最低気温 17.8℃
注意報/警報 なし
透明度 10m~
水 温 17~18℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
三寒四温、暖かい日と寒い日が交互に訪れます。
しっかり防寒しておいでください。


フトツノザメ!

GWも本番!
今日からショップツアーも!ファンダイビングも!体験ダイビングも!
大忙しとなったレグルスです。
ガイドも3人フル稼働。
天候は快晴で、ここ数日山にかかっていたモヤモヤもすっきり晴れてくれました。
水温は18度まで上がり、黒潮の気配をはっきりと感じさせてはくれるものの
やはりまだ冷たいのでスーツはドライ。
陸上は22度まで上がって陽射しも強いため、汗だくになってしまいます。
苦痛を乗り越えてエントリーすると、今日も視界は不良。。。
せっかくのGWなのに、くそう!!!

ゲストのみなさまから写真を頂きました。
まずは、西尾さん。昨日の分もらい損ねてしまったので今日掲載。
カメラは610です。

黒とオレンジという配色もさることながら、節々っとしてるところが
とってもかっこいいホムラスベヨコエビ・・・とその後ろにもしかしてツツムシ?
赤い目がこちらを向いています。。。ぞわわっ

nishio_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キビレヘビギンポは婚姻色で、近くにいたメスに求愛中。
メスを撮影していたらやきもちを焼いたのか、婚姻色が薄くなってしまいました笑

nishio_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、僕初めて自分で見つけた記念すべきゼブラヤドカリです!
フルセゼブラヤドカリ!!!興奮した~!撮りたいよ!!!

nishio_4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナカザワイソバナガニ、ただでさえサビカラマツの上にいると見分けづらいのに、
今日は他にもカニがくっついていて更にややこしくなっていました。

nishio_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、中村さん。カメラはEOS Kiss4です。

ケヤリの上に乗ったミゾレウミウシ。
色合いがマッチしていて超キレイ!!!
周囲にいっぱいいるワレカラもアクセントになってます笑

nakamura_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海水温より暖かい湧水が出ている根の亀裂や穴の中には
ホウライヒメジや、ニセカンランハギ、ハタタテダイ、ニセフウライチョウチョウウオ、
ミギマキ、アオブダイ、ヒブダイ、トガリエビス、ヘラヤガラなどがたまっていて、
るつぼになっています。

nakamura_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユカタハタの若魚。

オレンジ色に水玉模様がとっても映える!

nakamura_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は木下さん!カメラはOMDです。
昨日は40匹の壁ユウゼンが見られましたが、今日は残念ながら不発。
でも八丈といったらユウゼン!の地位は揺るぎません。

kinoshita

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テングダイも八丈ならではのサカナです。
高水温になる夏には見られなくなってしまう今の時期限定の人気者!

kinoshita_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、素敵な写真をいっぱいありがとうございます!

今日のみさんは、ファンに体験に大忙しでした。
島で一番水温の高い八重根で、ヌクヌク?ダイビングできたでしょうか笑
現在の八丈島、透明度が悪いのでカメを探すのにも一苦労です・・・ガイド泣かせ。。。

IMG_1744

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昇太は、
静岡から毎年いらしてくれるブルーコーナーさんのツアーを担当。
3本目、ユウゼン玉を狙って沖へ向かうと、
そこには最近話題のフトツノザメ!!!!

IMG_7438

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

80cmくらいしかなくて小ぶりなサメですが、そのサイズがとってもかわいい。
ペアでうろうろしていて、バチバチ撮影しても逃げていかないんです。

3本目をエクジットすると、水面で8頭ちかくいるイルカの群れが囲い漁をしていました。
空中に逃げ出したトビウオが着水する瞬間、イルカが飛びつくなんて大興奮なシーンも見られました。

明日は今まで続いていた好海況から一転、低気圧通過により悪くなりそう。
早めの行動でばばばっと潜りましょう!

byしょうた(Canon S90)

天気 晴れ
風向き 北東の風 2~4
最高気温 22.4℃ 最低気温 16.3℃
注意報/警報 なし
透明度 15m~
水 温 17~18℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
三寒四温、暖かい日と寒い日が交互に訪れます。
しっかり防寒しておいでください。


40匹の壁ユウゼン

GWは今日からが本番!
八重根もナズマドも駐車スペースがなくなるほど混雑していました。
レグルスは3人体制ではあるものの大忙しというほどではありません。
忙しいのは明日から。
ショップツアーもファンダイビングと体験ダイビングのゲストも満員御礼でございます。

とはいっても、お客さんの数が多かろうが少なかろうが、
ガイドにかける意気込みは変わらないのがこのお仕事。
午前中はみさんと2人で体験ダイビング行ってきました。
初対面の2チームだったにも関わらず、意気投合しちゃってとても楽しそうな3人でした。

IMG_7424

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7433

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は八重根も、ナズマドも、透明度が10m程度とニゴニゴ。
そういえば最近、潮が速い日があったり遅い日があったり、日ごとに潮流が変わっていました。
それに加えて今日の透明度。きっと黒潮が近づいたり離れたりしながら海中をかき回しているのでしょう。
漁師さんから「5マイル先に綺麗な黒潮がおったぞ」なんて情報も入り、期待が高まります。

透明度は悪くても、ユウゼンは群れています!
加藤さんチームは40匹の壁ユウゼンに遭遇したそうで、うらやましい。

IMG_1722

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

by 加藤さん(S100)

僕はというと、九州からお越しのゲストさんに、初八丈を紹介したかったのに
激流の中でユウゼン4匹・・・OMG

チーーーン。これもきっと手相のせいだ!!!!

byしょうた(Canon S90)

天気 晴れ
風向き 北東の風 4
最高気温 21.5℃ 最低気温 15.8℃
注意報/警報 なし
透明度 15m~
水 温 14~16℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
三寒四温、暖かい日と寒い日が交互に訪れます。
しっかり防寒しておいでください。

 


ナズマドのツバメウオ

ほら~!今日お客さんのお迎えで空港へ行ったら
さっそく「しょうたくん、手相見せて」っていじられました・・・
「ほんとだ~、手相ないね」って笑。
しかも、別のショップのお客さんがこっちみてひそひそ話してる・・・?
「あの人よ、手相のないレグルスのスタッフって」とか言ってたりして、なんて被害妄想していたら
僕のことをfacebook上で見たことのある方だったようです。

今日は国分寺のダイビングショップ、ドリームワークスさんの八丈島ツアーが最終日。
天気、海況ともに良好でダイビング日和となりました。
ナズマドへ向かうと、ガイド陣が今日は暖かいって話をしているので水温を聞くと
なんと、16℃!
これで暖かいとか言うんだから人間の慣れって怖いです。
僕にはまったく暖かくありませんでしたけど笑。
そんなよわっさくなしょうたのガイドで今日はナズマド2本潜ってきました。

エントリー口すぐ、タカベの幼魚たちが群れています。
太陽光を反射してキラキラ光っていました。
そしてその近くには、なんとツバメウオ!

IMG_7413

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沖では、キホシスズメダイが根から流れ落ちる滝のように群れ圧巻の光景でした。
冷水塊の申し子、ウメイロもおっきくておいしそうなのが10匹いました。
ユウゼンの数は残念ながら少な目。根の亀裂で静かに食事中でした。

今日のゲストは八丈初の方と1年ぶりの方。
八丈に来たら、ユウゼン、レンテンヤッコ、テングダイ、ナメモンガラ、、
そしてやっぱりカメに会いたいですね!
ってことで大捜索してきました。

IMG_7418

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お二人とも今日一日だけの日程でしたので、
八丈ならではのサカナをぎゅぎゅっと凝縮してご紹介しました。
ご来店ありがとうございました!

さて、明日からGWに突入です!
レグルスは満員御礼で大忙し。
黒潮の流れを気にしながら、張り切っていきます!!!

byしょうた(Canon S90)

天気 晴れ
風向き 北東の風 4
最高気温 21.5℃ 最低気温 15.8℃
注意報/警報 なし
透明度 15m~
水 温 14~16℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
三寒四温、暖かい日と寒い日が交互に訪れます。
しっかり防寒しておいでください。


手相のないしょうた

北東の風が強く、朝から肌寒い一日でした。
午前中は雨がしとしと降りました。
ぱっとしない天気の中、ガイド3人でナズマドへ。
加藤さんとシロザメ狙いで沖へ向かうと、
冷水期だけ姿が見られるキビレカワハギ・・・
ゴウゴウ流れている南潮必死にくらいつきながらサメ待ちするも、
あまりの寒さに早々に退散してしまいました。

そうそう、今日のレグルスは昇太の手相占いで賑わったんです。
僕の手、しわがほとんどなく、これじゃ手相占えないじゃん!?
てことでネットで参照しながら占ってみました。
その結果、
運命線がない=やる気がない
生命線がない=生命力がない
てことが分かりました。

終わってんじゃん。。。

道理で、ナズマドにカメラを持っていくのを忘れたり、
ドライの首元に服が挟まっていて水没したり、
パスタを作っている最中にトマトソースが飛び散って白い服が水玉模様になったり。。。
今日はついていなかったわけです。

そんなわけで、今日は加藤さんとみさんの写真です。
まずは加藤さん(Canon S100)
クロフチススキベラ

DSC_0016_2015043016333600f

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メガネウマズラハギ黄化個体

DSC_0036_20150430163335650

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暖かい岩の隙間に隠れているナガブダイ

DSC_0044_2015043016333397d

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キツネダイ

DSC_0008_2015043016333211c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、みさん(TG-3)
ヨゾラミドリガイ

P4300190

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイートジェリーミドリガイ

P4280187

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒョウモンダコ

P4300333

 

 

 

 

 

 

 

 

 

byしょうた

天気 雨 のち 晴れ
風向き 北東の風 4
最高気温 18.7℃ 最低気温 15.0℃
注意報/警報 なし
透明度 20m~
水 温 16℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
三寒四温、暖かい日と寒い日が交互に訪れます。
しっかり防寒しておいでください。

 


ワレカラ・オン・ケヤリ

昨日のナズマドは激流。
黒潮が近づいている証拠だ~と喜んでいたのに、
今日は一変して潮なし。あれま~、また離れちゃったのかな?
日替わりで変化する潮に一喜一憂するのも疲れてきました笑

みさんはまたシロザメを見たようですが、僕は海の冷たさにこころが折れて
沖へは出ないで馬の背近辺で遊んでいました。
サメなんて、見たくないんだからっ!

ワレカラ・オン・ケヤリ
まるでワレカラ団の巣窟ってくらいケヤリが占拠されていました。。。おえ・・・

warekara20150429IMG_7376

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浅場の海藻には極小のトヤマモウミウシ

toyamamo20150429IMG_7351_20150429182046e7f

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロイバラウミウシはちょう~ちょう~小さいけどいっぱいいます。
Faceみたくなっちゃった笑

shiroibara20150429IMG_7410

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

byしょうた(Canon S90)

天気 雨
風向き 北東の風 2~4
最高気温 18.5℃ 最低気温 14.3℃
注意報/警報 強風・波浪注意報
透明度 20m~
水 温 16℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
三寒四温、暖かい日と寒い日が交互に訪れます。
しっかり防寒しておいでください。


ナズマドで、サメ待ちと体験ダイビング

ゲストお帰りの日。
3日間潜られた、おのじさんとたなかさんを見送ったあと、
午前中はみさんとナズマドへ。
冷水塊の時期に見られるゴマテングハギモドキを遠目に確認して、海水温の冷たさを痛感です。
しかし、その直後、ヒレナガカンパチの群れに囲まれて、なんだか大物の予感?
最近目撃例が相次ぐサメ類を狙いに根の先端まで足を運びました。
僕の狙いはシロザメだったんですが、目撃現場とは見当違いのところを探していて撃沈。
みさんもサメ待ちしていましたが、結果は出なかったようです。

午後は、飛び込みで来店された体験ダイビングのお客様と一緒に、再びナズマドへ行ってきました。
今回のお客様、実は女性の方がアドバンスダイバーで、男性は作業潜水の訓練を受けたことがあるとのこと。
Cカードは持っていないから体験しかできないけれど、内容はファンダイビングにも劣らない濃さでした。
大、小、2匹のカメを見て、
馬の背のアーチをくぐってユウゼンやテングダイ、ヘラヤガラ、ハリセンボンなどを見ました。

IMG_7333

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7341

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

byしょうた

天気 くもり
風向き 南西の風 3
最高気温 22.4℃ 最低気温 15.9℃
注意報/警報 なし
透明度 20m~
水 温 16℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
三寒四温、暖かい日と寒い日が交互に訪れます。
しっかり防寒しておいでください。


ヘラヤガラの喉にテリエビスがつっかえていた

今日は早めからの動きだし。
1本目は、ナズマドチームと八重根チームに分かれてのダイビングです。
昨日ハンマーの目撃例があったナズマドですが、今日はなんとニタリ!
レグルスは大物もちょっとだけ期待しつつもマクロ魂発揮でした。
ユウゼン玉も期待大でしたが、今日は10匹がちょろっと集まっているだけ。

2、3本目はナズマドでウミウシ!エビ!カニ!なダイビングでした。
いかんせん、水温低くてサカナたちはみんな元気ないんですもん。
ソフトコーラルやウミウチワ、トゲトサカを背景にメルヘン写真を狙ってきました。

ゲストフォトは
おのじさんから3枚頂いております。
カメラはOlympusのタフです。

立派なモンツキベラの成魚。寒さにマケズ。

P4260267

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海水温が低いので、湧水の方が暖かく湧き出るところにはいろいろなサカナが集まります。
岩の下で暖を取っていたのは、なんとヒブダイ。
いつもは姿を確認した途端ぶっとんでいくのに、今日はまったく動かず撮り放題でした。

 

P4260243

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなテリエビスが喉につかえてしまったヘラヤガラをしょうた抜きで(笑)
なかなか飲み込めず、なんども大きく口を開けて必死に形相でした。
下アゴからテリエビスの模様がうっすら見えます。

 

P4260298

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OMDのたなかさんからは2枚!

穴の中からかわいくこんにちは~、を撮ってほしかったんだけど、あれ?
頭上に何かが立っている!?

 

P4260136

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オトヒメエビはとってもかわいいサイズ♡まだ子供です。

 

P4260092

 

 

 

 

 

 

 

 

 

byしょうた

天気 晴れ
風向き 北東よりの風 3
最高気温 21.7℃ 最低気温 12.6℃
注意報/警報 なし
透明度 20m~
水 温 15℃
服 装 5mmスーツ・6半・ドライスーツ
三寒四温、暖かい日と寒い日が交互に訪れます。
しっかり防寒しておいでください。